発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

発達障害の若者たちが働くことを学ぶ古本屋

time 2017/07/24

発達障害の若者たちが働くことを学ぶ古本屋

この古本屋の話は、ベストセラーの本になってもいいものです。

古書店のアームブックヌークは、発達障害者の支援組織の会長であるショーン・ノイアンたちによって発達障害の人たちが働ける機会をつくるものとして、3年前に立ち上げられました。

「自分の殻に閉じこもってばかりではいけません。
お客さんを迎えなければならないのですから。」

そうショーンは説明します。
お店のスタッフのほとんどは、発達障害の人たちです。

それぞれのスタッフには、売っている本のようにユニークな話があります。

発達障害の若者たちが働くことを学ぶ古本屋 b2-2-1024x768

シェイラー・サイモンはここで2年間働いています。
ここで働くまで、ほとんど話をすることはありませんでした。

「私はいつも緊張していました。ほとんど人とは話すことがありませんでした。」

ここで働くようになって、他のスタッフたちと交流することによって自分の殻から出てくることができました。

「誰にでも人生も目標は必要です。
みんな、朝は起きて何かをする必要があるのです。」

今年から娘のケルシーがお店で働くようになった母親のノイアンは3年前にオープンしたこのお店は、自閉症スペクトラムの若い人たちに、全く新しい世界を開いてくれたと語ります。

内気でまわりとのやりとりが苦手なケルシーが、今は明るくなって、自信をもって輝いていると言います。

発達障害の若者たちが働くことを学ぶ古本屋 b1-2-1024x768 発達障害の若者たちが働くことを学ぶ古本屋 b6-1024x768 発達障害の若者たちが働くことを学ぶ古本屋 b5-1024x768

「私もここで働くことが大好きです。」

本が大好きなケルシーもそう言います。

「お客さんが本を探しに来て、なかった場合には私は注文書を書きます。」

母親のノイアンはこう言います。

「素晴らしいことだと思います。
本当に発達障害の人たちにとって素晴らしいお店です。
彼らはここで学んで、他のところでも働けるようになります。」

この3年間で、ここで働いていた人たちの多くは、他の仕事に就くことができました。

「彼らはきちんと朝起きます。そしてシャワーを浴びて、服を着る。
そうして毎日、他の人たちに会うことができているのです。」

(出典・画像:カナダGlobal NEWS

毎日きちんと朝起きて、決まった場所に行き、たくさんの人たちと出会う。

誰にとっても、実は簡単なことではないと思います。

こういう機会があることは本当に助けになると思います。

 

発達障害の人たちが自信をつけ働けるホテル

(チャーリー)

人気の記事

sponsored link

福祉作業所ご紹介



follow us in feedly

たーとるうぃず

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。

気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。
良い製品だと思って頂けたら、TwitterやFacebookでシェアを頂けると幸いです。福祉作業所様や作られた方への応援になります。

たーとるうぃず スマホアプリ

ご購入にあたっての注意

販売している商品の多くは、福祉作業所で障害のある方が手作りされた一品ものになります。
次につきまして、あらかじめご了承のうえご購入ください。

●カラーにつきましては、スマホ、パソコンのモニター環境により、異なって見える場合がございます。
●サイズや寸法には若干の誤差がある場合もございます。
●アクセサリについてはビーズ等の使用材料によっては、ご利用していると汗やほこりなどで劣化する場合がございます。
・切れやすくなる  ・色あせ  ・(ビーズの種類によっては)衣類等への色うつり
 保管方法によっては形が変化してしまうことがあるため、平らな場所に置く、吊り下げるなどの保管をおすすめいたします。
●一品ものにつきましては交換対応を行うことができません。