発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

あいさつで発達障害の息子に自信がつきます

time 2017/09/08

この記事は約 2 分で読めます。

あいさつで発達障害の息子に自信がつきます

母親のカラ・スリンは、息子が通う学校の生徒たちに向けてFacebookに書き込みました。

「この男の子が学校に通っています。何かと助けて頂けませんか。」

スリンは、発達障害の息子のジークが他の子どもたちとは成長のしかたが少し違っても、同じ子供だと書いています。

「ジークの脳は、私たち多くの人とは少し違って成長しました。

音、光、触った感じ、においなどに敏感なので、それらに気をつけてきました。
ジークの感覚は私たちよりも強く感じるのです。

他の子どもとやりとりをして、行動や反応を学んで、私たちが成長してきた間、

ジークは、まぶしい太陽の光や、犬が何匹いたかなどが気になっていました。
ジークは、私たちが成長する間に学んできたまわりとのやりとり、社会的な訓練はできませんでした。」

ジークの母親、スリンはジークが無反応であったとしても、ジークと交流してくれることを望んでいます。

「ジークを見かけたら、こんにちは、ジーク。と言ってくれませんか。
もし、無反応でもごめんなさい。

ジークがあなたからのあいさつを聞けたら、誰かが自分のことを知ってくれたということで自信がつくんです。」

あいさつで発達障害の息子に自信がつきます s1-1024x768

スリンは、Facebookでジークに興味を持ってくれるように書き込みをしました。

「ジークは、バンドのTシャツが大好きです。ディスコで踊ることも大好きです。」

スリンは、目に見えない障害がある子どもの親のたいへんさも伝えています。

「私はいつも、ジークが自分でこう伝えられたらいいのにと思います。

僕は発達障害。ちょっと時間をくれる?

そう伝えられたら、もっと過ごしやすくなると思うんです。

しかし、そう伝えられたとしても、発達障害が多くの人に理解されているとはいえません。」

ジークは学校でうまくやっているけるはずとスリンは言います。
他の子どもの親と同じです。

「私は、とっても強い息子を育てました。
どうか仲良くしてやってください。」

あいさつで発達障害の息子に自信がつきます s3-1024x768

(出典:米POPSUGAR)  (画像:Pixabay

すぐ、その場で反応がなくても伝わっているんです。そして役にも立っているんです。

嫌がらない程度、怖がらせない程度で、お話ができない、目を合わせない子どもたちに、これからもあいさつしようと思いました。

発達障害の子だけでないハグやタッチの効用

(チャーリー)

人気の記事

sponsored link

福祉作業所ご紹介



follow us in feedly

たーとるうぃず

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。

気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。
良い製品だと思って頂けたら、TwitterやFacebookでシェアを頂けると幸いです。福祉作業所様や作られた方への応援になります。

たーとるうぃず スマホアプリ

ご購入にあたっての注意

販売している商品の多くは、福祉作業所で障害のある方が手作りされた一品ものになります。
次につきまして、あらかじめご了承のうえご購入ください。

●カラーにつきましては、スマホ、パソコンのモニター環境により、異なって見える場合がございます。
●サイズや寸法には若干の誤差がある場合もございます。
●アクセサリについてはビーズ等の使用材料によっては、ご利用していると汗やほこりなどで劣化する場合がございます。
・切れやすくなる  ・色あせ  ・(ビーズの種類によっては)衣類等への色うつり
 保管方法によっては形が変化してしまうことがあるため、平らな場所に置く、吊り下げるなどの保管をおすすめいたします。
●一品ものにつきましては交換対応を行うことができません。