発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

発達障害の子たちを喜ばせた手作りのビーチ

time 2017/09/18

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の子たちを喜ばせた手作りのビーチ

英国デボン州の学校では、発達障害の子が学び、遊べるビーチを作りました。

発達障害や特別支援が必要な子どもたちが通うロングコース・コミュニティ特別支援学校では、活用されていなかった古くからの中庭を夏休みの間、生徒たちが刺激的な感覚を体験できるように作り変えました。

トビー・クラーク先生はこのように言います。

「私たちは、屋外で子どもたちが楽しむことが出来る、ユニークな方法を探していました。」

この学校は海の近くにあるのに、多くの生徒にとって海辺に行くのは簡単なことではありません。

「多くの子どもたちに簡単なことではありません。
出かけるための準備も困難で、ストレスがかかるためです。」

発達障害の子たちを喜ばせた手作りのビーチ b2-1-1024x768

数週間をかけて、何人かの生徒たちの助けとボランティアの先生や保護者たちによって、古い中庭が素晴らしいビーチに変わりました。

子どもたちが、感覚を楽しめるように23トン以上の砂がまかれました。

生徒たちには大好評となりました。

「子どもたちはとても楽しんでいました。
足と手で、じかに砂を感じます。
すばらしい感覚がする体験になったようです。」

そうクラーク先生は言います。

「多くの学びの機会ともなりました。
紙に書いたり、iPadで書くのも難しい子どもたちも、
砂に指で書くのは簡単で、楽しんでいます。

また、砂を固めて、何かを作ったりもできます。」

発達障害の子たちを喜ばせた手作りのビーチ b6-1024x768 発達障害の子たちを喜ばせた手作りのビーチ b4-1024x768 発達障害の子たちを喜ばせた手作りのビーチ b5-1024x768

ビーチには、ボールやショベルカー、トランポリンも置きました。

「これは、本当に面白い、喜ばれるものになりました。
私たちも満足です。

子どもたちが楽しんでいるのを見るのは本当にうれしいものです。

初めてのことでどうなるかわかりませんでしたが、大成功でした。
協力してくださった方々にとても感謝しています。」

発達障害の子たちを喜ばせた手作りのビーチ b1-1-1024x768

(出典・画像:英DevonLive

23トン以上の砂って、すごいですね。

先生のアイデアと保護者の方々、そして生徒の協力で実現しました。

みんなで作ったビーチであれば、楽しさも学ぶこともますます多くなったと思います。

 

発達障害の子たちのために親が作ったマインクラフトの世界もあります。

発達障害の子ども向けマインクラフト

(チャーリー)

school_tokubetsushien_casual

人気の記事

sponsored link



follow us in feedly
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

たーとるうぃず スマホアプリ