発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

大ファンの発達障害の少年にした企業の対応

time 2017/10/30

この記事は約 3 分で読めます。

記事下にFacebookコメントが付きました。
大ファンの発達障害の少年にした企業の対応

「ジャクソンはすごい能力を持っています。
その能力は発達障害と呼ばれています。

そのすごい能力があるために、すごくて特別なものしか食べません。
食べられるものは限られています。

その中でも、一番すごくて特別な食べ物が、スパムです。」

9歳の少年ジャクソンの母親、ティファニー・サイズモアから受け取った手紙の冒頭にはこう書かれていました。

手紙を受け取ったスパムを製造しているホーメル社のコミュニケーション担当マネージャーのテレサ・マイヤーズは家族の状況についてこう伝えています。

大ファンの発達障害の少年にした企業の対応 s10-1024x768

「ジャクソンの弟のウェスリーもがんと闘っていて深刻な状況だということを知りました。
そのために、ジャクソンに何かしたいと思ったのです。」

ホーメル社のCEOのジム・スニーは、このジャクソンからの手紙を知って返信を書きました。
スパムに関係するたくさんのグッズと一緒に送りました。

「こうした手紙やメールなどを無視する企業も少なくないでしょう。
しかし、私たちホーメル社は違います。」

そう、コミュニケーション担当の副社長も語ります。

ホーメル社のブランドマネージャーのブライアン・リルスはさらなる対応をしました。

ブライアンは家族旅行で米テネシー州のルイビルに行く予定がありました。
それは、偶然にもジャクソンと家族が住んでいる場所です。

そこで、ブライアンは自分の家族も含め20人ほどで、ジャクソンたちと「スパム」のパーティーをしました。
ブライアンのいとこの一人は、スパムのマスコットの着ぐるみを着ました。

大ファンの発達障害の少年にした企業の対応 s7-1024x768 大ファンの発達障害の少年にした企業の対応 s2-2-1024x768

ジャクソンの母親のティファニーの手紙にあったように、ジャクソンをスーパーヒーローのような気分にさせようと、ブライアンはビデオカメラマンにこのパーティーの様子を撮影してもらいました。

「ジャクソンの家に着くと、どう利用するのか目的も考えていなくて、ただ撮影をしたかったんです。
特別な瞬間を捉えたかったんです。」

そして、母親のティファニーからの手紙に書いてあったように、ジャクソンが完璧にスパムをフライパンで炒めることができることも見せてもらいました。

大ファンの発達障害の少年にした企業の対応 s12-1024x768 大ファンの発達障害の少年にした企業の対応 s11-1024x768 大ファンの発達障害の少年にした企業の対応 s9-1024x768

「ジャクソンは私たちのために上手に炒めてくれました。
ジャクソンがうれしくなって上手にするのを目にしました。

また、スパムをふだんからどうやって食べて、そして助けになっていることを家族から聞くことができて、素晴らしい機会になりました。」

ブライアンは「ファンを元気にする」という考えをもって仕事に取り組んでいて、ホーメル社の設立125周年のときの説明にもその言葉が使われています。

「ジャクソンのような方たちのために、このように取り組んでいます。
特別支援を必要とする人たちの人生をよくなることに、私たちの製品がお役に立ったこともわかりました。
私たちにとって、本当にうれしいことです。」

ホーメル社のウェブサイトでこの出来事が公開されます。

大ファンの発達障害の少年にした企業の対応 s8-1024x768 大ファンの発達障害の少年にした企業の対応 s6-1024x768 大ファンの発達障害の少年にした企業の対応 s5-1024x768

そこでは、母親のティファニーが「すごい能力をもったジャクソン」について語っています。
弟のウェスリーががんとの闘病中に、ジャクソンが発達障害と診断をされたことや、ジャクソンのスパムへの愛情についてです。

ホーメル社のブライアンはこう語っています。

「私たちはジャクソンと家族のような人たちに出会うことができました。
このように、深いレベルでお客様のことを理解できる機会があると、私たちも大きな発見ができます。」

大ファンの発達障害の少年にした企業の対応 s3-2-1024x768

(出典・画像:米PRWEEK

こんなことをしてくれたのなら、一生ファンだと思います。

企業活動ではあるにせよ、ビジネスを超えた、人と人で幸せな関係も築けたはずですよね。

人間にとって、短期的な企業収益よりも、はるかにそれは大きな価値があるもののはずです。

高機能自閉症の女の子のAmazonプライム

(チャーリー)

school_tokubetsushien_casual

人気の記事

福祉作業所ご紹介



follow us in feedly
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

たーとるうぃず スマホアプリ