発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

発達障害の子が初めて話せたお願いがかなう

time 2017/11/30

この記事は約 2 分で読めます。

記事下欄からあなたの体験談やコメントを。
発達障害の子が初めて話せたお願いがかなう

発達障害の10歳の少年が、今年のサンタさんへのクリスマスプレゼントのお願いで、両親を驚かせました。

少年の家族はその夢を実現させることを決めました。

言葉をうまく話すことができないマイケル・クラインはサンタさんに、現在は製造中止となっている木製のおもちゃ「アップルパイ・ジンジャーキャット」がほしいとお願いをしました。

発達障害の子が初めて話せたお願いがかなう s3-1

母親のジーニーは涙を流しました。
これまで、プレゼントのお願いを口に出したことがなかったからです。

「サンタさんなら願いをかなえてくれるかもしれないと思ったんでしょう。
息子は行動したんです。
私は泣いてしまいました。そして興奮しました。」

米ニューヨークに住むマイケルは、数週間前にお願いをしてから、そのおもちゃをずっと楽しみにしています。

発達障害の子が初めて話せたお願いがかなう s5-1 発達障害の子が初めて話せたお願いがかなう s1-3

「Amazonから箱が届くたびに、アップルパイのおもちゃもこうしてやってくる!と息子は期待してます。」

家族は、製造中止となっているそのおもちゃを見つけようとSNSに投稿し、おもちゃ会社にお願いもしてきました。

英ロンドンに本社があるアップルパイのおもちゃメーカーは、電子メールでそのおもちゃを発見することができたと連絡をくれました。

母親のジーニーは、息子のマイケルがサンタさんにしたクリスマスのお願いを実現できて、アップルパイ・ジンジャーキャットを贈れることを楽しみにしてます。

ジーニーはこう語ります。

「そのおもちゃが届いたら、私たちにとってそれは本当に素晴らしいことなんです。」

発達障害の子が初めて話せたお願いがかなう s4-1

(出典・画像:米NBC NEW YORK

うちの子どもにも、ずっと大好きだったぬいぐるみがありました。

あまりにボロボロになってしまって捨てざるを得ませんでした。

その後、ありそうなお店を見つけてはずっと探したのですが見つかることはありませんでした。

名前がついたキャラクターものでもなくてネットで見つけることもできませんでした。

おそらく製造も終わってしまっていたのだと思います。

そんな私の気持ちをよそに、うちの子どもは別のぬいぐるみに難なく慣れてしまったので、うれしいやら、悲しいやらの気持ちになったことを思い出しました。

おもちゃって、ものとしての価値だけでなく、本人や周りの人の思い出やら気持ちもつまってますよね。

見つけてくれたメーカーには本当に感謝です。

(チャーリー)

school_tokubetsushien_casual
この記事に関係するあなたの体験談やコメントをお待ちしています。

sponsored link

人気の記事

福祉作業所ご紹介



follow us in feedly
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

たーとるうぃず スマホアプリ