発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

警察官が発達障害の少年にずっと夢に願っていたプレゼントを贈る

time 2018/01/04

この記事は約 2 分で読めます。

警察官が発達障害の少年にずっと夢に願っていたプレゼントを贈る

警察官が休暇を利用して、少年がずっと抱いている願いにこたえるプレゼントをしました。

小学校のときに友だちだったキャロル・サルディバールと警官のクレイグ・ドックターが久しぶりに再会しました。
そして、警官のクレイグはキャロルの15歳のおいのジョニー・モーリンに会いました。

キャロルがおいのジョニーに質問をします。

「大きくなったら何になりたいの?」

「警察官!」

15歳のジョニーは発達障害です。警察が大好きです。

キャロルと警官のクレイグは一ヶ月ほど前から、ジョニーの警察官になるという夢の実現につながることを考えて準備してきました。
そして、この週末に実行しました。

警察官が発達障害の少年にずっと夢に願っていたプレゼントを贈る k6 警察官が発達障害の少年にずっと夢に願っていたプレゼントを贈る k9 警察官が発達障害の少年にずっと夢に願っていたプレゼントを贈る k7

「おじさんやお母さん、みんなの前を過ぎて、キャロルは私のところまで走ってきて、名前を呼んでくれました。
初めて会うのに感動しました。」

そうクレイグはそういいます。

ジョニーは、警官の制服を着てサイレンの口真似をして走ってきました。
そして、ジョニーは本物の警官のクレイグに会えただけでなく、パトカーに乗せてもらうこともできました。

これは、警官が大好きな少年にとって究極のプレゼントになりました。

「私も本当に感動しました。

ジョニーが本当に喜んでいるのがわかりました。

少しがんばりましたが、こんな時間が作れたことを喜ばしく思っています。」

そう警官のクレイグは言います。

警察官が発達障害の少年にずっと夢に願っていたプレゼントを贈る k3 警察官が発達障害の少年にずっと夢に願っていたプレゼントを贈る k1-1

ジョニーの家族たちは、この出来事を広く知ってもらって、みんなからも警官のクレイグがしてくれたことを讃えてほしいと語っています。

16歳になるジョニーに、この出来事はすばらしい贈り物となったはずです。

(出典・画像:米CBS DFW

ものよりも、こういった出来事のほうがずっと心に残るプレゼントになりそうです。

そして、これからの人生にも大きな励みになるでしょう。

非番とはいえ、こんな対応をするのは簡単なことではないと察します。感謝しかありませんね。

何年も前に、自衛隊広報センターというところに子どもと見学に行ったことがあります。

見学を終えて駐車場から、隣接する基地の入り口を警備している自衛官の方を子どもと二人で、かっこいいなーと見ていると、私たち親子に向かってわざわざ敬礼してくださいました。うれしくなって、驚きとともにこちらもペコリと挨拶をして、ますますかっこいいと思ったこと、私も忘れてません。

航空会社も協力し発達障害児の夢を叶える

(チャーリー)

 

 

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから

人気の記事



たーとるうぃず アプリ
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

Don`t copy text!