発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の子たちが好きなことをますます好きになるように手伝う

time 2018/01/16

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

発達障害の子たちが好きなことをますます好きになるように手伝う
  • 子どもが絵を通じてコミュニケーションをとる方法は何か?
  • アフタースターズが支援する子どもたちにとって、支援の必要性は何か?
  • 子どもが自分の才能や情熱を育むことができる環境とはどのようなものか?

ソレン・フィオランドは、12歳。絵を描くことに夢中になっている発達障害の少年です。
この7年間で、何千もの絵を描いています。
100点を超える絵を展示する個展を開きました。
訪れた人たちは、そのたくさんの作品を賞賛していました。
ソレンの母親のシャノンは、ソレンはまわりの人とコミュニケーションを行うことができなくなっていたものの、絵が残されたコミュニケーション方法になっていると言います。
p8 p7 p6
「ソレンは何を思っているのか、何を話したいと思っているのかを、絵が教えてくれています。」
ソレンはたびたび、おとぎ話や童謡を絵の中に使うこともあるといいます。
カップに入ったお茶が熱すぎることを、ソレンがおとぎ話を使って教えてくれました。
「おとぎ話をつかって話してくれることがあるのです。
先日、ソレンのために紅茶をいれると、「3びきのくま」の話に出てくる「おかゆが熱い」のシーンを使って教えてくれます。」
ソレンの絵に対する情熱に、発達障害など特別支援を必要とする子どもたちを支援する「アフタースターズ」が支援を行っています。
「多くの時間を使って、私たちは子どもたちが好きなことを、ますます好きになるように手伝っています。
ソレンは絵を描くことが大好きです。
私たちは、ソレンのためによい環境を毎日用意しています。ソレンも幸せになっています。」
p4 p1 p2
アフタースターズのジルはそう言います。
アフタースターズのダンはこう言います。
「私たちにとっても、家族のようにうれしいことです。
私たちがこのような取り組みを始めるまで、発達障害の子どもたちに、こんな機会はありませんでした。」
ソレンが楽しんで、絵に情熱を傾けることができる、このアフタースターズの支援によって、ソレンの家族たちも自信が持てるようになりました。
母親のシャノンはこう言います。
「私たち家族も、ソレンがこんなことができるようになって、本当に幸運なことだと思っています。
ソレンは家族みんなに、できることを教えてくれています。
そしてみんなに、もっと自分をさらけだし、もっと創造的になるよう勇気を与えてくれています。」
p9
(出典・画像:米knox news
大好きなことを見つけたら、それをますます好きになるように応援する。
そうありたいですね。
ハリウッドスターも購入。発達障害少女の絵

(チャーリー)


たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから

最近の人気記事

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。


NPO法人Next-Creation様からコメント

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。