発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

医師を目指している高校生が地元の発達障害の子にピアノを教える

time 2018/02/21

この記事は約 2 分で読めます。

医師を目指している高校生が地元の発達障害の子にピアノを教える

神経科医になることを目指している米コロンブス・ノース高校の生徒が、地元の発達障害の子にピアノを教えています。
バーシタ・ベンカタカラムは、バイオメディカル・イノベーションクラスに在籍をしています。
ベンカタカラムは、発達障害の子を支援しているページ・ウェストから紹介された6人の子どもたちに教えています。
毎週、練習室でピアノを教えて、生徒たちの手の動き、目の動きを改善させたいと考えています。
p6 医師を目指している高校生が地元の発達障害の子にピアノを教える p1-1 医師を目指している高校生が地元の発達障害の子にピアノを教える
2009年から、ベンカタカラムはピアノを演奏してきましたが、この取り組みは発達障害の子の手と目の動きを改善できるかを学ぶ機会ともなっています。
ベンカタカラムは子どもたちを助けるものになってほしいと期待しています。
そしてベンカタカラムにとっても、子どもたちに教えることで得たものがありました。
「私はとても恥ずかしがり屋だたのですが、私が殻を破るのを手伝ってくれました。」
これまでに、まだ一人生徒しかピアノのレッスンを修了できていないため、その効果の判断はまだ行なえません。
ただ、このピアノのレッスンが発達障害の子どもたちに効果をもたらすかは、子どもたちの取り組み次第だといいます。
「私は、それぞれの生徒たちとマンツーマンで指導を行います。
もし、改善がなかったとしても、とても楽しいものです。」
p2-1 医師を目指している高校生が地元の発達障害の子にピアノを教える p4-1 医師を目指している高校生が地元の発達障害の子にピアノを教える p5 医師を目指している高校生が地元の発達障害の子にピアノを教える
サンディ・ランキンは、12歳の息子のセスをこのピアノのレッスンに参加させています。
サンディは、息子のセスはとても賢くて、高い能力が隠れているといいます。
その能力が現れるように導いてくれているベンタカラムに感謝しています。
こう言います。
「私は、息子のような子どもたちは、もっている能力が現れていないだけだと考えています。
導いてやる必要があります。
息子は今、導かれていてとても喜んで取り組んでいます。」
ベンタカラムは、もうすぐ大学生になりますが、それまではピアノ・レッスンを続けます。
「私は、ただ役に立ちたいのです。変えたいのです。
そうなれるかもしれません。」
(出典・画像:米THE REPUBLIC
お互いに学べると思っている人たちが取り組めば、得るものは少なくないはずです。
きっと素晴らしい専門家になられますね。
発達障害の学生が漫画を描き、先生を助ける

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。