発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の生徒がそれぞれの子の困難を助けるためのまんがを描く

time 2017/12/26

この記事は約 3 分で読めます。

発達障害の生徒がそれぞれの子の困難を助けるためのまんがを描く

米オハイオ州のバトラーテック学校で学ぶ発達障害のニック・シマーは、起業家として未来を見据えています。
ニックは芸術の才能があります。
そして、発達障害の生徒がかかえる困難を先生が理解できるように、まんがに描くことを思いつきました
まんがによって、発達障害の人たちの状況を伝えて、特別支援が必要な学生たちへの授業を行いやすくします。
ニックが、そのまんがによる取り組みを発表すると、アイオワ大学の若手起業家コンテストで2位になり、起業のための賞金も受け取りました。
「この賞金は、ニックの未来に大きな影響を与えるものでしょう。
私たちもニックを手伝ってきたことを光栄に思います。」
ニックを支えている、講師のジェイク・クルーズがそう言います。
ニックは、特別支援教育を行っている先生たちを相手に、それぞれの生徒にあわせて日常生活を学べるまんがを描いて販売するビジネスを行うことを考えています。
ニックは必要とする先生とビデオ会議を行って、生徒の様子を教えてもらい、困難に対応するための方法を学べるまんがを描きます。
b3-2 発達障害の生徒がそれぞれの子の困難を助けるためのまんがを描く
「ニックは、才能あるアーティストです。
それだけでなく、発達障害の当事者としてユニークな視点も持っています。
特別支援教育を必要としている学生たちが、どう感じているのか。
これまでの経験から、推測することができるのです。
ニックは、まんがを描いて発達障害の人がまわりの世界と関わっていくための戦略を示しているのです。」
ニックが発達障害の子が学校で快適に過ごすことができるように、先生たちが行える方法を教えるまんがを見せてくれます。
そのまんがでは、生徒はヘッドフォンをつけて、出入り口のそばに座ることが、発達障害の子は不安を減らすことができることを教えています。
「私がこうして、まんがを描くことで、発達障害の人のストレスを減らし、発達障害の人を理解することも助けます。
こうして描くことは、発達障害である私自身にも役立っています。
これまでできなかったことが、まんがを描くことで、できるようになってきました。
私は、人の助けになることをしたいと願っています。
今は満足しています。
こうして取組むことで、発達障害やその他の障害があってもビジネスができることも示せます。
私は発達障害の当事者として、たくさんの人たちの役に立てます。」
b1-2 発達障害の生徒がそれぞれの子の困難を助けるためのまんがを描く
ニックを支えてきたジェイクはこう言います。
「ニックをすごいと特に思ったことは、自分で起業コンテストに何度も応募し続けたことです。
すばらしい勇気も持っているのです。
コンテストの審査員たちは、ニックがどれほど人の役に立ちたいのか、その情熱に動かされたのだと思います。」
(出典・画像:米JOURNAL-NEWS
持っているものを活かして人の役にたつ。そしてそれが大好き。
本当にすばらしいことだと思います。
こうした組み合わせが、たくさん生まれたらいいなと思います。
いじめ許さない。発達障害の子が生んだ超人

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「くつとねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。