発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

子どもが発達障害でつらいときに助けてくれるラブラドールの子犬

time 2018/04/23

この記事は約 3 分で読めます。

子どもが発達障害でつらいときに助けてくれるラブラドールの子犬

犬のベイリーは、ハンナ・ボースウィックの側にきて静かに安全を守っています。
9歳のハンナの最高の友だちです。
「子犬はみんなかわいいですが、ベイリーは私にとって特別です。
私はベイリーは守ります。ベイリーは私を守ってくれます。」
そうハンナが言います。
ベイリーはラブラドールの子犬です。
ベイリーはハンナの親友であるだけでなく、ハンナを助けてくれます。
ハンナがパニックになりそうなときには、側にいてくれます。
ハンナが落ち着ける方法もよくわかっています。
ハンナは発達障害と診断されています。
発達障害は生涯にわたって、人とのやりとり、周りの世界の捉え方に影響を与えます。
「発達障害とは、他の人とは感覚の捉え方も違ってくるようです。
ときには、痛みを感じることさえあります。
ひどくなるのは夜が多いです。
でも、犬のベイリーが一緒にいてくれます。」
ラブラドール犬を育てているサラ・ニスベットがベイリーを提供しました。
サラは発達障害の子を助ける子犬を寄付するワギードッグプロジェクトに参加しています。
d6 子どもが発達障害でつらいときに助けてくれるラブラドールの子犬
ワギードッグプロジェクトは、発達障害の息子をもつ母親のローラ・ドカッティによって設立されたものです。
「息子は、小さな頃から違うとわかりました。
3歳のときに発達障害と診断をされました。
できることは限られていて、家族の生活にも制限を感じていました。」
そうローラは言います。
ローラは、明るい光、騒々しい音、人混みなどを少なくした、発達障害の家族向けのイベントなども行っています。
ここでも、動物たちがいて発達障害の子どもたちの交流を助けます。
「発達障害の子をもつ家族同士が仲良くなれるチャンスになるものです。
子どもたちが楽しそうにして、殻を破って出てきます。
それは家族にもとても大事なことのはずです。
この取り組みは大きくなってきました。
本当にうれしいことです。
家族にとって意味のあることになっていて、とても価値があることだと感じています。」
d5 子どもが発達障害でつらいときに助けてくれるラブラドールの子犬 d3 子どもが発達障害でつらいときに助けてくれるラブラドールの子犬
d4 子どもが発達障害でつらいときに助けてくれるラブラドールの子犬
ハンナの母親のサラは、ハンナが発達障害と診断をされたときに、ワギードッグプロジェクトについて友人から聞きました。
「助けてくれる犬たちや、助けられている子どもたちを見たときに、犬に来てもらうことに決めました。
仲良くなることができれば、娘の親友になってくれるはずです。
娘の安全も守ってくれるはずだと考えました。」
ハンナはこう言います。
「犬のベイリーは私に世界を案内してくれます。もう私の親友です。」
犬のベイリーはハンナがお店や歯科医院に行くときも助けてくれています。
「今までは学校の他に出かけることはありませんでした。
しかし、今はワギードッグプロジェクトのキッズクラブに通っています。
クラブの人たちも、娘を愛してくれています。」
そう母親のハンナは言います。
ワギードッグプロジェクトで犬を提供しているサラはこう言います。
「犬が来るまで、買い物に行ったり家の外に出かけることができない子どももいます。
犬が来ると、犬に夢中になって、外の世界への恐怖が小さくなります。」
ワギードッグプロジェクトはまだ小規模ですが、資金援助を得られる慈善団体になる予定です。
「長い旅ですが、そうなりたいと考えています。
必要な資金があれば、発達障害の子をもつ家族が休める施設も設けることができます。
家族は自由を感じられて、子どもたちは楽しく元気になれる場所です。」
d2 子どもが発達障害でつらいときに助けてくれるラブラドールの子犬
犬のベイリーは必要なときには、ハンナの学校にもついていきます。
「ハンナは学校から帰ってくると、部屋にまっすぐ行って頭から毛布をかぶっていることもありました。
頭の中がいっぱいになって、避難しなければならなかったのです。
しかし、犬のベイリーが来てから毎日が変わりました。
娘は笑顔で過ごしています。ベイリーをなでながら静かに座っています。
不思議なことですが、数週間で犬のベイリーは娘のハンナを落ち着かせる方法がわかっていました。
娘はベイリーと一緒にいると、自分を取り戻せています。」
(出典・画像:英stv
本当に頼りになりますね。
その子も家族もどれだけ助けられているでしょう。
うちの子にもこんなワンちゃんがいてくれたらとずっと思っています。
発達障害の子の助けになる?ロボットペット

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「消えたねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。