発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の生徒が社会的な交流を学べるVRアプリ、学生が開発

time 2018/05/20

この記事は約 3 分で読めます。

発達障害の生徒が社会的な交流を学べるVRアプリ、学生が開発

バーチャルリアリティがある人たちにとってとても有望なものとなっています。

米ミシガン州にあるケント職業技術センター(KCTC)の学生たちが、発達障害の学生が社会的な交流を学ぶことができるVRアプリを開発しています。

このアプリでは、廊下や教室での友だちや先生との交流など、学生のさまざまな社会的な状況をVR体験できます。
VRの中で、相手とのやりとりを実践することができます。

体験するシナリオは発達障害の学生や行動心理学者と一緒になって作ったものです。

廊下で友だちとの初めての出会いを練習したり、図書館で勉強したり、教室で先生の質問に答えることができます。

例えばあるシナリオでは、教室で自分の隣にいる学生のパソコンが正しく動かなくなります、そこで自分が手伝うか先生を呼ぶかを選択して実行することが求められます。

発達障害の生徒が社会的な交流を学べるVRアプリ、学生が開発 v3

KCTCの教師、マーク・プレッツは学校の外での状況のシナリオも追加する予定だといいます。

例えば、空港でのセキュリティチェックです。
これでは、空港職員とやりとりをして、くつや上着を脱いで、ポケットの中も空にするようなことを行います。

こうしたことができるVRアプリを開発している目的は、発達障害の学生が現実世界で経験する前に多くの準備や練習をできるようにするためです。

各シナリオには2Dにより、相手とやりとりを行うシーンも含まれています。

発達障害の生徒が社会的な交流を学べるVRアプリ、学生が開発 v2

ある発達障害の大学生は本などでやりとりを練習しながらこれまでやってきたと語ります。

「ふだんの現実の生活でたくさんのものに注意を払うことは大変になります。

多くの発達障害の人が同じだと思います。

VRアプリは、まるで現実のように没入ができて、私のような発達障害に人にとって素晴らしく練習ができるものだと思いました。」

また、このVRアプリのすごいところは、学生たちが開発していることです。
退屈な教室での学習を、もっと楽しく面白く、体を動かすものに変えようとしています。

開発者である学生の一人のジロン・ジョンソンはこう言います。

「まるで、本当に自分がそこにいるような感覚になります。

他の誰かがしたことを教科書などで学ぶのと、自分が実際に体験して学ぶのでは全く違うものです。」

VR技術で、教科書での学びからはで不可能な、自分で実際に体験し学ぶことができるのです。

発達障害の生徒が社会的な交流を学べるVRアプリ、学生が開発 v4

まだ、アプリは完成はしていません。
画面の品質も十分ではなく、シナリオの数もまだ限られたものです。

それでも既に、新しい技術が発達障害の人たちに影響を与えていることを目にすることができます。

バーチャルリアリティが、学生たちの生活を変えているのをみるとそれは素晴らしいものです。
そして、将来のクリエイターたちが、ここから生まれてもいくでしょう。

(出典・画像:米Mashable Asia

うちの子もその辺りが心配なのですが、危険に対する意識が全く十分ではありません。

車が迫っているのにその前に平気で出たり、なので少し混雑するような場所では必ず手をつなぎます。

また、このVRアプリが支援しようとすること、人との関わりで困難をかかえる発達障害の方も少なくないはずです。

何をしても安全、人とのやりとりでまずいことがあってもそれは仮想の世界。

VRで学び、練習できることがもっともっと手軽になっていけばと思います。

自閉症の女の子になって世界を見るVR動画

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから

人気の記事



福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

Don`t copy text!