発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

自閉症の女の子になって世界を見るVR動画

time 2017/10/09

この記事は約 3 分で読めます。

自閉症の女の子になって世界を見るVR動画

自閉症とはどういったものでしょうか?

このVR動画で、自閉症スペクトラムの人たちがどのようにストレスの多い環境に対応しているのかを垣間見ることができます。

この動画The Partyでは、誕生日パーティーを経験する自閉症の10代の少女、レイラの世界を知ることができます。

彼女が経験している、彼女に影響をあたえているものを知り、いっぱいになってしまった場合にはパニックになってしまう、感覚の過負荷について理解することができます。

自閉症の女の子になって世界を見るVR動画 a7-2-1024x768 自閉症の女の子になって世界を見るVR動画 a5-2-1024x768

この動画は、自閉症スペクトラムの人が常に抱えている問題を、その人になった視点でわかるようにします。

自閉症は、イギリスでは100人に一人以上が抱えています。

自閉症の男性と比べると、自閉症の女性はそう診断されないことが多くなく、サポートを受けることも出来ていません。
そのために、生活に深刻な影響がでています。

診断方法が、これまで男性向けに偏っているところがあったためです。
女性の自閉症の典型的な症状の把握には十分でありませんでした。

また、女性や少女が正しく診断されないのは、まわりの人とのやりとりをうまく行うことで、自閉症であることを隠してしまうという事実もあるためです。

この動画は、作家のルーシー・ホーキングの洞察と、自らも自閉症であるスミータ・マジャンバの脚本によるものです。
そして実際の自閉症の少女ハニー・ジョーンズが、レイラの心の声をナレーションしています。

ストーリーは、英国自閉症協会、英ケンブリッジ大学の自閉症研究センターからの情報と、多くの自閉症の方からのインタビューに基づき作られています。

自閉症の女の子になって世界を見るVR動画 a2-2-1024x768 自閉症の女の子になって世界を見るVR動画 a3-2-1024x768 自閉症の女の子になって世界を見るVR動画 a4-2-1024x768

人の顔を認識することの難しさ、光や騒音、においへの感覚過敏など自閉症の症状について、科学的な研究結果から、映像表現をしています。

自閉症の女性からのインタービューで、音を区別するのが難しいこと、人の声が反響して聞こえること、まわりで起こっていることがわからなくなること、パニックになった場合にはどうなってしまっているのかが明らかになりました。

The Partyは360度見渡せる、Youtube 360 の動画になっています。

スマホの方はこちらからYoutubeのアプリで

(出典・画像:英theguardian

動画を見ると、人の動きもおかしく捉えられていることがわかります。イヤーマフをとられてしまった瞬間から不快になることもわかります。

どれほど抱えている問題が忠実に再現されているかはわかりませんが、問題をかかえることはこれで誰にでもわかるはずです。まず、わかることが大事な一歩になると思います。

(チャーリー)

school_tokubetsushien_casual

人気の記事

sponsored link



follow us in feedly
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

たーとるうぃず スマホアプリ