発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の子と家族たちにパーティーをひらいたファストフード店

time 2018/07/03

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の子と家族たちにパーティーをひらいたファストフード店

ファストフードのお店、ワッタバーガーがパーティーを開いてくれました。
窓の隣の席で、2皿のフライトポテトを前に大満足です。
発達障害のウィリアムは、まわりの騒音を和らげるためにヘッドフォンをつけています。
まわりでは、ウィリアムがどれほどワッタバーガーが大好きで、それがどんなふうに知れ渡ったのかの話で盛り上がっています。
w4 発達障害の子と家族たちにパーティーをひらいたファストフード店 w6 発達障害の子と家族たちにパーティーをひらいたファストフード店
ウィリアムは言葉を話すことができません。
そのため、言葉を使わずに父のタイラーや母のジョナサンにワッタバーガーに行きたいことを伝え、ほぼ毎日ワッタバーガーに行っていることが地元の新聞に掲載されました。
ウィリアムは食べられるものが限られています。そのなかでとりわけフライトポテトが大好きです。
ワッタバーガーは本当にお気に入りのお店です。
いつもはドライブスルーで購入していきます。お店の外側のネオンライト、建物の姿、窓を見るのも大好きです。
この話は、ネットでも広まりました。
そして、ワッタバーガー本社のオフィスの人たちにも知られました。
そして、いつもドライブスルーで買っていたワッタバーガーのお店で、ウィリアムを迎えるパーティーが開かれることになったのです。
「ウィリアムの記事を知って、本当にうれしくなりました。
オフィスにいる人たち、みんなに知れ渡りました。」
そう、ワッタバーガーの研修ディレクターのビリー・スタークが言います。
マーケティング担当者がウィリアムと家族、親戚のためにオレンジ色の風船やたくさんのプレゼントも手配しました。
w3 発達障害の子と家族たちにパーティーをひらいたファストフード店 w2 発達障害の子と家族たちにパーティーをひらいたファストフード店 w8 発達障害の子と家族たちにパーティーをひらいたファストフード店
このパーティに招待されたウィリアムたちは、みんな無料で食事を楽しむことができました。
「ワッタバーガーのマーケティング担当のコニーから電話をもらったんです。
ワッタバーガーのオフィスのみんながウィリアムのことを知って、ウィリアムに特別なプレゼントをしたいと。
ウィリアムは、たくさんの人に愛されているようです。」
そう、ウィリアムの母親のジョナサンが言います。
「私達は素晴らしい記憶の一つに参加したかったんです。」
そう、ワッタバーガーのビリーが言います。
w1 発達障害の子と家族たちにパーティーをひらいたファストフード店 w9 発達障害の子と家族たちにパーティーをひらいたファストフード店
ウィリアムの両親は、ウィリアムはこんな経験をできて、自分に誇りをもて幸せを感じていると言います。
ウィリアムは言葉を話すことができませんが、その笑顔はどんな言葉にも勝ります。
「息子のウィリアムは、ワッタバーガーの熱狂的なファンなんです。
ウィリアムの笑顔は、大満足の証です。」
(出典・画像:米Tyler Morning Telegraph
ほっこりしますね。
外からしか見ていなかったお店の中に入れて、自由にふるまえて、親子ともにうれしい記憶になったはずです。
本当に素敵な笑顔ですし。
うちの子もフライドポテトが大好きです。ハンバーガーは食べずにとにかくフライドポテトです。
高機能自閉症の女の子のAmazonプライム

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「ユーチューバーとねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。