発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

少女はバイオリンを弾くことが発達障害への対応に役立っている

time 2018/07/13

この記事は約 2 分で読めます。

少女はバイオリンを弾くことが発達障害への対応に役立っている

バイオリニストの少女には、発達障害や不安が才能の妨げにはなっていません。
バイオリンを弾くことが、発達障害への対応に役立っているといいます。
この少女、エマ・パリスが幼児だったころに、両親は他の子どもとは違っていることに気づきました。
エマは発達に遅れがみられ、話すこともありませんでした。
4歳になって、発達障害と診断をされました。
va 少女はバイオリンを弾くことが発達障害への対応に役立っている
父親のマイケルはこう言います。
「それが始まりでした。
いろいろな医者に会い、専門家を探し、たくさんの治療方法をためして、最善の選択をしようと努力しました。」
そうして、エマは5歳になったときに話しはじめました。
しかし、学校に通うことは厳しく、悲惨な状況となりました。
発達障害だけでなく、不安障害もかかえるようになりました。
「私は他の子とは違っていました。
他の子と付き合うのはたいへんでした。自分が好きなこともわかりませんでした。
いつも私はひとりぼっちでした。」
そうエマは言います。父親が付け加えます。
「涙を流していることがたくさんありました。」
vb 少女はバイオリンを弾くことが発達障害への対応に役立っている vc 少女はバイオリンを弾くことが発達障害への対応に役立っている
バイオリンを弾くようになりました。
エマはバイオリンが自分を落ち着かせてくれると言います。
「本当に私はすごくリラックスできるんです。」
不安障害があったにもかかわらず、エマはたくさんの人の前で演奏することができました。
そして、演奏することが好きになって、自分でも驚きました。
vd 少女はバイオリンを弾くことが発達障害への対応に役立っている ve 少女はバイオリンを弾くことが発達障害への対応に役立っている
エマには、今でも不安障害をかかえています。
そのために、米ノースカロライナ・バーチャル・アカデミーでネットを通じて学んでいます。
エマは家から出ていくことは簡単ではありませんが、この学校では成績優秀で、オーケストラの一員にもなっています。
「私が演奏できるように助けてもらいました。それによって、もっと多くのことについても助けられたんです。
新しい人にも出会うことができるようになりました。」
v10 少女はバイオリンを弾くことが発達障害への対応に役立っている
父親のマイケルはこう言います。
「話すことができなかった女の子が、今では全米ナショナル・ジュニア・オーナー・ソサエティに参加して、たくさんの人の前に立って、自分の心を演奏して伝えているんです。本当に驚いています。素晴らしいです。」
(出典・画像:米cbs17
安心できる、輝ける。大好きなものを見つけられて本当によかったと思います。
お父さんも本当にうれしかったと思います。
こんなものを見つけられるように、手伝っていきたいです。
アスペルガー症候群の少女は自宅学習を続け14歳で大学生になる

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。