発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の少年は集めた世界中の国旗に囲まれ安心して生活できる

time 2018/07/29

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の少年は集めた世界中の国旗に囲まれ安心して生活できる

発達障害の少年は、60以上の国などの旗を集めました。
そして、それらすべての国の歴史や政治を憶えています。
この13歳の少年、ジョシュア・モスは旗が寝ること、不安を解消する助けになっていると語ります。
ジョシュアは毎日、家の外にちがう旗をあげています。
1年ほど前に、発達障害と診断をされています。
ずっと、国旗やそれらの国の歴史などに興味を持ち続けてきました。
f6 発達障害の少年は集めた世界中の国旗に囲まれ安心して生活できる f4 発達障害の少年は集めた世界中の国旗に囲まれ安心して生活できる
母親のイザベルは、ジョシュアが幼い頃に家族で海外生活をしてきた経験からそうなったのだろうと考えています。
ジョシュアはクウェートで生まれ、ヨルダンの学校で4年間学びました。
11歳の妹のアメリは、キプロスで生まれています。
ジョシュアが特に好きなのは黄色とオレンジの背景に白い龍が描かれているブータンの国旗です。
「僕は国旗を手にしていないと、ずっとストレスを感じて、緊張して不安になってしまいます。
ブータンの国旗は僕のお気に入りです。ドラゴンが描かれてるからです。
ブータンでは、雷の音が龍の声だと考えられてきました。描かれているのは雷竜と呼ばれています。」
ジョシュアは世界の全ての国旗を憶えています。これまでに60の旗を集めました。
f5 発達障害の少年は集めた世界中の国旗に囲まれ安心して生活できる f1-1 発達障害の少年は集めた世界中の国旗に囲まれ安心して生活できる
母親はこう言います。
「旗を揚げると近所の方も喜んでくれています。
全く関係がないのですが、最初は、サッカーのワールドカップと関係があると思ったようでした。
今ではFacebookでも人気があります。
国旗で息子は困難から助けられて、落ち着くことができています。
避難できる手段となっているだけではありません。
息子はそれぞれの国の首都や政治、面白い事実ついても知っています。
素晴らしい教育にもなっています。
息子は世界中の国について知っています。私が聞いたことのない国についても知っているんです。」
f7 発達障害の少年は集めた世界中の国旗に囲まれ安心して生活できる f2 発達障害の少年は集めた世界中の国旗に囲まれ安心して生活できる
ジョシュアはこう言います。
「僕はその国とその背景を象徴している国旗が大好きなんです。
世界中の国の国旗を憶えています。」
(出典・画像:英Daily Echo
大好きなものがあって、それに助けられている。さらに学べる。
最高のものを発見されたと思います。
そんなものを一緒に見つけたいですね。
うちの子もプラスチックの斧とかトカゲのゴムのおもちゃとか、最近はラジコンの壊れたコントローラーなど、少し変わったものをいつも手にしています。
きっと安心できるのだと思います。とても大事なものになっています。
なので、一見ごみのように思えるものでも、私もそれらを粗末に扱うようなことは決してしないようにしています。
発達障害の人の助けになっているアニメ、映画、コミック、ラノベ

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。