発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の青年は就業前後の連携で今、自信をもって働いている

time 2018/11/14

この記事は約 3 分で読めます。

発達障害の青年は就業前後の連携で今、自信をもって働いている

22歳のエリオット・パーキンソンは、2歳のときに発達障害と診断をされました。
これまでずっと、仕事を探していました。
ジョブセンターに通い、多くの仕事を体験しましたが、どれも続けることができませんでした。
しかし、「メンキャップ」で8週間、仕事の体験をした後、メンバーの一員となって清掃の仕事を始めることができました。
メンキャップの支援プログラムは、発達障害の人たちに訓練する機会と就業の機会を提供します。
これから1年間、「セウェル」でパートタイムとして清掃の仕事を行います。
s1-3 発達障害の青年は就業前後の連携で今、自信をもって働いている
エリオットにとっては、初めての続けられる仕事、大きな一歩となりました。
「自分に自信がつきました。人とコミュケーションもできるようになってきました。
僕は人と話すことがあまりできませんでした。
ここでは、働いている人たちと話せるんです。」
エリオットの母親、トレーシーはこう言います。
「息子は驚くほど変わりました。
今の仕事はとてもあっているんだと思います。
社会に参加できています。
私たち家族も応援しています。
これからのことが心配でなくなりました。
毎週、お給料をもらっているんです。
本当に信じられないくらいすばらしい状況になりました。
息子は今の仕事をとても気に入っています。
息子が訓練できたメンキャップには、感謝しきれません。」
s2-3 発達障害の青年は就業前後の連携で今、自信をもって働いている
企業のセウェルと発達障害の方を支援するメンキャップによる、発達障害の人へのとりくみは、英国ファシリティマネジメント大賞からも表彰されています。
セウェルのディレクター、マーティン・ステッドはこう言います。
「メンキャップとパートナーシップを結んで以来、発達障害の方たちは、成長して自信もついています。
とても素晴らしいことです。
ここだけでなく、他の企業でも活躍できると思います。
このパートナーシップは、ますます成功するものと思っています。
s4-3 発達障害の青年は就業前後の連携で今、自信をもって働いている
発達障害の方たちが自信をつけている姿を見るのは、私も本当に大好きです。
エリオットは、職場でのコミュニケーションや役割を理解するために、印刷した絵カードを使うことにしました。
エリオットには、そのやりかたが一番よかったようです。
メンキャップとのパートナーシップがあったことで、それがわかり、そのように働く環境を変更することができました。
これを行っていなかったら、エリオットはコミュニケーションが困難なままだったはずです。
パートナーシップにより実現できた連携は、本当に重要なものだと思います。
私たちの長期的な目標は、この地域でのすべての清掃サービスで、メンキャップで学んだ発達障害の方たちに働いてもらうことです。」
(出典・画像:英Hull Live
就業する前に学んだ施設、就業後の企業による連携で、発達障害の方のお仕事がうまくいっているという例ですね。
日本でも「就労移行支援事業所」であれば、原則6ヶ月間は就業後のサポート、フォローアップを行っています。
新しい環境で長く働けるように、就業後のサポートは本当に重要です。
発達障害の男性は1ヶ月も続かないと言われた

(チャーリー)

 

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。