発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の26歳の息子が初めて「愛している」と言ってくれた

time 2019/01/20

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の26歳の息子が初めて「愛している」と言ってくれた

息子が初めて「あなたを愛している」そう初めて言ってくれました。
アイススケーターとして有名な母親のディディ・コンはそのとき涙を流しました。

それはほんの数週間前のことでした。
息子のダニエルは26歳です。

抽象的なことや感情を理解することに困難をかかえている発達障害のダニエルにとって、それは大きな成長です。

「あなたを愛している」

そう初めて言ったのです。
ディディが飛行機に乗る前に電話をすると、ダニエルがそう言いました。
聞き返すと、またそう言ってくれました。

発達障害の26歳の息子が初めて「愛している」と言ってくれた i4

「それから息子は言ったんです。

『どうして泣いているの?」

私はうれしくて泣いているんだと答えました。」

現在67歳のディディの息子のダニエルは3歳のときに発達障害と診断をされました。

音に対してとても過敏で、一人でいることもできませんでした。
ディディは24時間、数年の間ずっと介護をしてきました。

24時間、介護をしてもらうことが可能なときや学校で過ごしているときにだけ、ディディは再びアイススケートを行うようにしていました。

発達障害の26歳の息子が初めて「愛している」と言ってくれた i3

その間もディディが出演した映画「グリース」で共演した、ジョン・トラボルタとはずっと友だちでした。

ジョンの発達障害と診断をされていた息子のジェットが16歳で亡くなったときに絆はさらに強いものとなりました。

「ジョンのジェットはダニエルより6ヶ月だけ年上でした。

発達障害と診断をされていましたが、言いたくはなかったようです。
亡くなってから聞きました。

話すことがなかった息子のジェットのために、ジョン夫婦が数百万ドル(約数億円)を、関係するさまざまな研究に投資したことも知っています。」

現在、ディディはその年齢に関わらず、再びアイスショーを見せてくれています。

発達障害の26歳の息子が初めて「愛している」と言ってくれた i1

(出典・画像:英Mirror

うちの子も話すことがないので、何年、何歳になったって話してくれたら、それは本当にうれしいと思います。

先日、片言ですが話をしてくれました。夢の中でしたが。それでも、私にはなかなかうれしい出来事でした。

小さなころ、言葉がなくなってしまう前に、ただ一回だけ言ってくれた「おかえり」は絶対に忘れたくありません。

発達障害の子は今語彙が少なくても言語能力はずっと発達を続ける

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから


たーとるうぃず アプリ
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

Don`t copy text!