発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の少年はこれまでに立ち向かっていくことで恐怖を克服

time 2019/03/22

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の少年はこれまでに立ち向かっていくことで恐怖を克服

アレックス・マンは恐怖に立ち向かうことで、恐怖を克服してきました。
2年前から、火災警報器に触れています。
今回の消防避難訓練では、アレックスは火災警報器の音に恐れることなく、むしろ好みになっていました。
アレックスは、火災警報器のすべてについて学び覚えています。
f9 発達障害の少年はこれまでに立ち向かっていくことで恐怖を克服 f7 発達障害の少年はこれまでに立ち向かっていくことで恐怖を克服
発達障害の18歳のアレックスは、飛行機の恐怖を乗り越えるときも同じことをしました。
飛行機についてたくさんのことを学び、飛んでいる飛行機をみれば、エンジンのスペックなどを言うことができます。
もう、飛行機に乗ることに恐怖はありません。
アレックスはこういいます。
「関心をもったものを深く掘り下げていくのは、発達障害の人のクールな特徴なんです。」
火災警報器や消火設備の製造販売を行っている企業の見学ツアーでは、アレックスは立ち止まってばかりです。
学校向けの警報機の裏側を見てこういいます。
「システムはこう出来ているんです。
命を救ってくれる機械なんです。」
f6 発達障害の少年はこれまでに立ち向かっていくことで恐怖を克服 f5 発達障害の少年はこれまでに立ち向かっていくことで恐怖を克服 f8 発達障害の少年はこれまでに立ち向かっていくことで恐怖を克服
アレックスは現在、学校ではコンピュータシステムの研究を行っています。
そして火に対する安全について強く興味をもっています。
アレックスはネットで、煙探知機、熱探知機、ベル、ライトなどを収集しています。
「僕は1960年代のものからもっています。」
アレックスがこの火災警報器などを収集していることをこの企業は知り、見学ツアーへ招待しました。
f3 発達障害の少年はこれまでに立ち向かっていくことで恐怖を克服 f2 発達障害の少年はこれまでに立ち向かっていくことで恐怖を克服 f1 発達障害の少年はこれまでに立ち向かっていくことで恐怖を克服 f10 発達障害の少年はこれまでに立ち向かっていくことで恐怖を克服
父親のウィルは、息子のアレックスが警報を恐れていたこれまでの日々を思い出します。
あまりにも怖がるために、学校での消防訓練のときには、先生たちはアレックスを遠くに連れていきました。
ウィルは息子のアレックスは車やバスにも強い興味をもっているといいます。
兄弟のトーマスもこういいます。
「関心のあるものはすべて覚えているんです。すごいんです。」
(出典・画像:米THE MORNING CALL
何かに興味を持つことがあったら、徹底的に応援したいものです。
子どもも親も、それで大きく成長することにつながるはずです。
ジェットコースターが発達障害の子と親の世界を変えてくれた

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。