発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の兄は母と歩いてきた。戻ってきた兄と今は私が歩く。

time 2019/03/27

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の兄は母と歩いてきた。戻ってきた兄と今は私が歩く。

スペンサー・ケイは47歳です。
自分ひとりで食事をしたり、服を着たりすることはできません。

しかし、1000メートルの山があっても喜んで歩いていきます。

スペンサーは発達障害で精神年齢は3歳です。
毎日の生活に困難をかかえます。
しかし、山にくればスペンサーは自信に満ち溢れます。

「兄のスペンサーは重度の不安障害もかかえていますが、
山は兄を幸せにしてくれるんです。

ストレスを感じたり、落ち込んだり、精神的な問題をかかえたときには、
このきつい運動がさらに助けてくれるようです。」

介助をしている39歳の妹のシャーロットはそう言います。
シャーロットは母親のニコラの意志を引き継いでいます。

発達障害の兄は母と歩いてきた。戻ってきた兄と今は私が歩く。 w9

スペンサーは2歳のときに発達障害と診断をされました。

「兄は1970年代に重度の自閉症で生まれました。
あらゆる種類の知的、精神的な問題をかかえる人にとって容赦のない時代です。
施設に入れたほうがいいと母は言われました。」

母親のニコラはスペンサーを育てるだけでなく、時代とも戦いました。

「母は兄をとても愛していました。離れるという選択はありえませんでした。」

母のニコラはスペンサーに良いと考え、一緒にとにかく、歩きました。

発達障害の兄は母と歩いてきた。戻ってきた兄と今は私が歩く。 w4 発達障害の兄は母と歩いてきた。戻ってきた兄と今は私が歩く。 w1

しかし、20代の後半になるとスペンサーの行動が悪化したため、再び施設に入ることについて福祉関係者、医療関係者から提起されました。
子どもに対して攻撃的であると評価されたため、自宅から約1時間の距離にある施設で、それからは過ごすことになりました。

発達障害の兄は母と歩いてきた。戻ってきた兄と今は私が歩く。 w6 発達障害の兄は母と歩いてきた。戻ってきた兄と今は私が歩く。 w5

「母はとても悲しみました。
私が兄のスペンサーの施設へ訪れると、兄は奇妙な行動をしていました。

本当に悲しいことに気づきました。

兄は窓のそばに立って、ずっと母が来るのを待っていたんです。」

2007年になって施設から自宅へ戻ることができました。

しかし、ちょうどその頃に母のニコルにがんが見つかりました。
2年後に母のニコルは亡くなりました。

そして妹のシャーロットが兄のスペンサーの介護をするようになったのです。

母親のようなシャーロットは兄が幸せになる方法をよく知っています。

それはやっぱり歩くことでした。

発達障害の兄は母と歩いてきた。戻ってきた兄と今は私が歩く。 w7

(出典・画像:英BBC

うちの子も歩くことは得意です。

機嫌が悪いときもありますが、基本ニコニコ歩いてくれます。

私がいなくなったあとも、こうして一緒に歩いてくれる人がいたらいいなと想像します。

知的障害、発達障害の人にも犬の散歩がまわりとの交流に役立つ

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから


たーとるうぃず アプリ
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

Don`t copy text!