発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

特別支援教育を助けるタブレット

time 2016/08/11

この記事は約 2 分で読めます。

特別支援教育を助けるタブレット

テクノロジーが特別支援教育のクラスでの授業方法を劇的に変えました。
ジリアン・アームストロングの13歳の息子のハリソンは、行動することが好きで、ボーイスカウトであることに誇りを持っています。

そのハリソンには発達障害があり、これまでの授業方法での勉強には苦労をしていました。

「息子は、ペンと紙を使って書くことが難しいのです。
しかし、今はタブレットを使って、文字を打ったり、考えを伝えることができるようになりました。」

 

特別支援教育を助けるタブレット ip5

レニー・ヨハはリッチランド学区での特別支援教育の先生です。
彼女はハリソンがペンと紙では難しくても、iPadであれば書いたり、タイプができることがわかりました。

ヨハは、あまり話すことができない生徒が、iPadを使うと話をしやすくなることも知りました。
テクノロジーによって、生活が変わるとヨハは言います。

「これまではあまり話すことができなかったのに、iPadを使ってみると、たくさん話が出来ました、それは本当にうれしい経験でした。」

ヨハは、集中できる時間が短い発達障害の子どもにあわせた、iPadタイムという時間を設けて、生活するのに役立つ目に見えるゴールを設定して、生徒にタブレットを利用してもらいます。

特別支援教育を助けるタブレット ip4 特別支援教育を助けるタブレット ip3

父親のジリアン・アームストロングはこう言います。

iPadを使うことで、特別支援教育クラスの授業での生徒それぞれに発生する学習のギャップを埋められるだけでなく、生徒たちがまとまるのです。

というのも、特別支援の生徒たちは使える技術をもっていて、使うことが好きだからです。

「生徒たちがまとまる。というのは、問題行動を起こす子どもがいなくなるのです。外に出て行ったり、つばを吐いたり、蹴ったり、物を投げたりする子がいません。
それは本当に、皆がiPadのエキスパートになったようです。」

社会的なやりとりや日常生活でのスキルが向上したこの実践は、ヨハの学校のクラスの中だけのことでは、もうなくなりました。
ヨハはノースウエスト発達障害カンファレンスにて発表を行いました。

特別支援教育を助けるタブレット ip6

(出典・画像:米KEPRtv

 

Appleが発達障害の方に役にたっている動画を公開していましたが、

僕に心があることをわかってくれない

今回は特別支援教育の現場でも役になっているという話です。身近に手に入る技術が、こんなに役にたっていることは本当に素晴らしいです。

技術はもとより、先生との関係も重要です。

連絡帳に書いた先生に知ってほしいこと

(チャーリー)

school_tokubetsushien_casual

人気の記事

sponsored link



follow us in feedly
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

たーとるうぃず スマホアプリ