発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の青年が夢をかなえるために始めた仕事にたくさんの応援

time 2019/04/14

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の青年が夢をかなえるために始めた仕事にたくさんの応援

21歳の発達障害のタイラー・ベルビルはお気に入りのバンドのコンサートチケットを購入するために仕事を始めました。

子ども服のお店での簡単な会話がきっかけに、それがFacebookで300を超えるシェアをされ、何百もの注文につながりました。

夢だったコンサートに行くことができそうです。

「毎日、ここに仕事に来ます。一日中、ビーズに紐を通します。」

そう母親のニッキが言います。

発達障害の青年が夢をかなえるために始めた仕事にたくさんの応援 b1-1 発達障害の青年が夢をかなえるために始めた仕事にたくさんの応援 b7 発達障害の青年が夢をかなえるために始めた仕事にたくさんの応援 b6

タイラーは一つのことを望んで、自分の作業場を母親のお店の中に設けました。

「ぼくはお金をためて、コンサートに行きたいんです。それだけです。
スティーブン・タイラーを観たいんです。」

そうタイラーは言います。

このタイラーの夢を応援したい人がたくさんできたおかげで、実現しそうです。

「私は彼にどうしてそれをしているか尋ねました。
すると、ビーズでお金を稼ぎたいと言うんです。

母親が彼の夢を私に説明してくれました。そして私は1ドルでビーズのブレスレットを買ったんです。

彼はコンサートに行きたくて仕事をしていたんです。

KISSのコンサートにも行きたいと言っていました。」

そうタイラーのビーズ作品を購入したジョセフ・ハッチェルは言います。

発達障害の青年が夢をかなえるために始めた仕事にたくさんの応援 b4-1 発達障害の青年が夢をかなえるために始めた仕事にたくさんの応援 b3-1

ジョセフはその話をFacebookに投稿しました。
するとすぐに話題となりました。

「そして若い女性から連絡があって、世界中のKISSのファンにシェアしていると伝えてくれました。
タイラーのビーズ作品に注文が来るといいですねと伝えてくれました。」

タイラーの母親は次の日に驚くことになりました。

「とつぜん、タイラーのビーズ作品が欲しいと500以上の注文があったんです。
そして、1個1ドルで作っています。

タイラーはその意味は理解できていませんが、とにかくたくさん作ろうと今がんばっています。」

発達障害の青年が夢をかなえるために始めた仕事にたくさんの応援 b9

(出典・画像:米wbtw

こうした、ちょっとした話がSNSで拡散してみんなの共感を呼び、それが実際に助かるかたちになる話がアメリカからのニュースに多いです。

素晴らしい、そしてうらやましいことだなと思います。

発達障害の息子がロックライブのステージで経験した最高の出来事

(チャーリー)

ビーズのネックレス:新宿福祉作業所

発達障害の青年が夢をかなえるために始めた仕事にたくさんの応援 4573460945977-1

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから


たーとるうぃず アプリ
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

Don`t copy text!