発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害、自閉症の子が空の旅ができるように空港の対応が進む

time 2019/04/22

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害、自閉症の子が空の旅ができるように空港の対応が進む

発達障害、自閉症スペクトラムの子供たちにとって飛行機の旅行は簡単なことではありません。
支援団体のオーティズムスピークスによれば、自閉症の子は感覚の問題もよくかかえています。
そのため、日常生活においての感覚にも悩まされます。
光、音、匂い、味、触覚など広範囲の刺激に対して過敏だったり、鈍感だったり、両方である場合もあります。
そのため、騒がしい音、たくさんの乗客、並んで待つこと、アナウンス、それらは自閉症の子には大きい、たくさんの困難となってしまう可能性があります。
そして、ついにはパニックを起こしてしまうのです。
自閉症の子どもたちが空港に慣れることができるように、複数の空港が対応を始めています。
米マイアミ国際空港は、自閉症スペクトラムの子どもたちのために感覚に配慮したセンサールームを設けました。
a1
発達障害、自閉症スペクトラム障害の子どもたちの感覚の過負荷を最小限に抑えるために、特別にデザインされ、うす暗くされた部屋にはパズル、クッションシート、ライトプロジェクターなど感覚を落ち着かせるのに役立つ物も置かれています。
この穏やかな環境は、自閉症の子どもたちをリラックスさせる場所となります。
このセンサールームは米マイアミノバ大学の自閉症関連障害センターの協力で設置されました。
「さまざまな障害をかかえるお客様が、安全な環境のもとで飛行機の旅行ができるように助けます。」
そう、マイアミ空港はWebで伝えています。

自閉症の子をかかえる家族に、このセンサールームの開設はすぐに喜ばれるものとなっています。
「これはすばらしい配慮です。マイアミ空港がさらに良くなりました。」
そうFacebookにも投稿されています。
マイアミ空港は、発達障害の子どもたちのためのセンサールームが設置された、米国で3番目の空港となりました。
(出典・画像:米THE EPOCH TIMES
こうした配慮を行ってくれる場所がどんどん増えているようです。
とくに旅行のときには助かりますよね。
発達障害息子は飛行機に乗れないので米国横断旅

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから
たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

blank

NPO法人Next-Creation様からコメント

blank

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。