発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の子はサッカーチームで人とのかかわり合い方も学んだ

time 2019/05/14

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の子はサッカーチームで人とのかかわり合い方も学んだ

サッカーが大好き。それでも発達障害のためにプレーすることがむずかしかった12歳の少年は夢をかなえて、サッカーチームのメンバーになりました。
発達障害のエヴァンは、人とコミュニケーションをとることや、たくさんの人の中にいることに困難をかかえていました。
しかし、CWNワンダーラーズの発達障害の子など向けの特別アカデミーに入ってから、今では発達障害でない子どもたちと一緒にプレーをするチームの一員になりました。
s6 発達障害の子はサッカーチームで人とのかかわり合い方も学んだ s5 発達障害の子はサッカーチームで人とのかかわり合い方も学んだ
エヴァンはこのサッカーチームに入ってから、サッカーのスキルだけでなく、人と関わるスキルも向上しました。
「たくさんの人の中での活動では、コミュニケーションが常に問題で、息子が常に闘ってきた課題でした。
サッカーは、小さなころからずっと大好きでした。
しかし、入ることができるサッカーチームを見つけることがなかなかできませんでした。」
そう母親のデイビスは言います。
エヴァンは毎週土曜日に、友だちとよべる関係になった子どもたちと一緒に楽しんでいます。
発達障害でない子どもたちは、特別アカデミーの発達障害の子どもたちのサッカーの練習も手伝います。
s4 発達障害の子はサッカーチームで人とのかかわり合い方も学んだ s3-2 発達障害の子はサッカーチームで人とのかかわり合い方も学んだ
18歳未満の子どもたちが30人練習に毎週参加していますが、60人が入会できるのを待っている状態です。
発達障害の子などのための特別アカデミーは、発達障害の息子をもつアンドレア・スミスが2017年に始めました。
発達障害の子どもと家族の生活を変えていきたいと、資金を募りました。
全天候型の練習スペース、子どもたちが一年中練習できる場を作ることができました。
s1-2 発達障害の子はサッカーチームで人とのかかわり合い方も学んだ
アンドレアはこう言います。
「あまりに多くの人たちが、発達障害に関わる困難がスポーツをすることに与える影響を知らないでいます。
たとえば、着ているユニフォームの感覚に苦痛を感じてしまったり、わかりやすい言葉を使わなければ、指示がわからないこともあります。
スポーツを通じて、発達障害について多くの人がもっと理解できれば、地域の多くの発達障害の人と家族の生活を変えることができると考えています。」
(出典・画像:英BBC
障害がある人だからこそ、環境やルールが整備されているスポーツは重要なものです。
そして、発達障害でない子どもたちが、発達障害の子の練習を手伝ったりする。
これこそ、まさにインクルーシブだと思います。お互いに多くを学べる機会になるでしょう。
発達障害の5歳の子どもにした行為で少年グループを警察が探す

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。