発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の息子は絵について話しません。絵が話すことなんです

time 2019/06/25

この記事は約 1 分で読めます。

発達障害の息子は絵について話しません。絵が話すことなんです

発達障害のドミニク・キリアニーは絵を描くことに情熱をもっています。
「色がもたらす生の感情。それが素晴らしいんです。」
ドミニクの母親、スーザンはそういいます。
p7-1 発達障害の息子は絵について話しません。絵が話すことなんです
スーザンはドミニクが2歳半のときには持っている芸術への才能に気づきました。
そして、14歳の頃から描くようになりました。
ドミニクは現在、21歳。
これまでに約200点の絵を描いています。
p6-1 発達障害の息子は絵について話しません。絵が話すことなんです p8-1 発達障害の息子は絵について話しません。絵が話すことなんです p4-1 発達障害の息子は絵について話しません。絵が話すことなんです p3-2 発達障害の息子は絵について話しません。絵が話すことなんです
ドミニクは決まったとおりにすること、そして似た構造をしているものが大好きです。
スーザンはこう言います。
「息子はほとんど話すことはありません。
しかし、絵を描くことが言葉の代わりになっています。」
p11 発達障害の息子は絵について話しません。絵が話すことなんです p5-1 発達障害の息子は絵について話しません。絵が話すことなんです p1-2 発達障害の息子は絵について話しません。絵が話すことなんです
ドミニクは絵を描いて話をします。
ドミニクの絵は、鮮やかな色彩と対称的な構図が特徴です。
「息子は絵で自分に自信を持つことができました。
そして、この絵を見て人が喜んでくれることを理解しています。」
ドミニクの絵はすでに、美術館やギャラリーに展示されています。
「ドミニクは自分の絵について話すことはありません。
ドミニクにとってその絵が話すことなんです。」
(出典・画像:米CBS Boston
色使いが本当に素晴らしいですね。
ますますこれからも描いて、多くを伝えて頂きたいと思います。
知的障害のアーティストの活動と収入をサポート。2年で売上3倍

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。