発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

演劇や農業に取り組む発達障害の方たちのための療育センター

time 2019/07/06

この記事は約 4 分で読めます。

演劇や農業に取り組む発達障害の方たちのための療育センター

何週間ものリハーサルを行って、トミー・アベルソンは舞台に立ちました。
トミーは発達障害です。多くの困難がありますが、舞台に立つことはとても大好きです。

ここで暮らす、ここに通う発達障害の人たちによって、「美女と野獣」の舞台が完成しました。
トミーは今回は主役です。

「演技することが大好きです。」

そう、36歳のトミーが言います。

トミーは、米ニューヨーク州のディスカバリー・センターの音楽療法プログラムに参加しています。
毎年、このような舞台に立っての演劇が行われます。

演劇や農業に取り組む発達障害の方たちのための療育センター b1

このセンターは、身体的な問題をかかえている子どもの親たちが、どうすれば最も良く助けることができるかについて集まって検討するために1948年に設立されました。
現在では、最新の研究成果を取り入れて、発達障害の子どもたちを受け入れる場所として機能しています。

「私たちは本当に複雑な発達障害について理解しようとしてきました。
新しい療育方法など、子どもや家族の将来を変えることできる方法を追求しています。」

そう、このセンターのアソシエイト・エグゼクティブ・ディレクターのテレサ・ハムリン博士が言います。

このセンターでは、外来やここの住んでいる、年間約1200人の子どもと若者をケアしています。
その80パーセントの人たちが自閉症です。

自閉症やそのほかの発達障害だけでなく、他の障害や病気などを治療するためにこのセンター内に病院を建設する計画もあります。

演劇や農業に取り組む発達障害の方たちのための療育センター b2

31歳のニッキーの父親である、マイケル・ローゼンはこのセンターで働くことに使命を感じ、キャリアを積んで成功してきたテレビでの仕事を辞め、取り組んでいます。

「私たち、発達障害の子や家族は、ここで行われている療育などを必要としています。
そして、ここでの取り組みを世界に広げていく必要があると考えています。
1200人では、まだまだ十分ではないのです。」

このセンターを利用する発達障害の人たちの一部は、丘陵地帯広がる美しいグループホームのキャンパスに住んでいます。
ここには農場もあり、収穫物の一部は外部へ販売もしています。
ここでの農業は発達障害の人たちのユニークな療育方法になっています。

演劇や農業に取り組む発達障害の方たちのための療育センター b3 演劇や農業に取り組む発達障害の方たちのための療育センター b4

有機農法により栽培されたものを食べ、ストレスの少ない田舎の環境により、健康で幸せになっているといいます。
実際にそれを評価するために、米コロンビア大学と米ベイラー医科大学の共同研究にも参加してます。
来年結果が発表される予定となっています。

「これまでに、ここディスカバリーセンターの子どもたちの腸内フローラが、研究に参加している他の子どもたちとは驚くほど異なっていることがわかっています。」

そうハムリン博士は言います。

演劇や農業に取り組む発達障害の方たちのための療育センター b5 演劇や農業に取り組む発達障害の方たちのための療育センター b7

発達障害の子や親には、まだまだやるべきことがたくさんあります。

「発達障害で人が死ぬことはありません。
困難でいっぱいですが、そうしてずっと生きていきます。」

そう、ローゼンは言います。

このセンターでの療育の中心となっているのは、音楽療法プログラムです。
子どもたちは舞台で輝くだけでなく、他の人とつながることもできます。

発達障害の子どもたちが協力して、大きな演劇を作っていくのです。
発達障害の子どもたちの多くが、話すことに困難をかかえていたことを考えると、驚くべき成果になっています。

トミーの母親のパッチはこう言います。

「息子が他の人たちにとって欠かせない存在となっている事実が、息子のすべてを変えたんです。
これまで、息子は誰かに求められる経験をしたことがありませんでした。」

発達障害のアベリーの母親はこう言います。

「特別支援を必要とする子どもがいると、社会から取り残されているような気持ちになることがありました。
娘が舞台に立って演じているのを今見ると、まるで夢を見ているようです。」

(出典・画像:米GMA

演劇、農業。

自分を表現する機会、自然に囲まれる生活。

それは確かに良さそうです。

また、それらの効果について科学的な評価検証に取り組まれているところも本当に素晴らしいです。

自閉症の症状が減少。臨床試験が進む糞便からの腸内フローラ療法

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから


たーとるうぃず アプリ
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

Don`t copy text!