発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の少年と学校初日に助けてくれた少年と間に生まれた絆

time 2019/08/27

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の少年と学校初日に助けてくれた少年と間に生まれた絆

コナー・クライテスとクリスチャン・ムーア、新しい学年の初日を迎えた二人の小学生の写真がネットで話題になりました。
「コナーが隅で泣いていました。息子のクリスチャンはコナーをなぐさめました。」
一緒に手をつないで、玄関まで歩いていきました。
学校の中に入ると、ベルがなるまで待ちました。
二人には切ることのできない絆がありました。」
そうクリスチャンの母親のコートニーは言います。
k8 発達障害の少年と学校初日に助けてくれた少年と間に生まれた絆
k7 発達障害の少年と学校初日に助けてくれた少年と間に生まれた絆 k2-2 発達障害の少年と学校初日に助けてくれた少年と間に生まれた絆
クリスチャンは、コナーが発達障害であることを知りませんでした。
コナーは自分のまわりで起きていることすべてに圧倒されてしまいます。
クリスチャンの親切な行為で、二人の絆と友情が生まれました。
コナーの母親はこう言います。
「発達障害のコナーを誰かが笑ったりするのを心配していました。
コナーはじっと座っていることができなかったり、上下にジャンプして手をバタバタさせたりするので。」
しかし、コナーは笑われるどころか、クリスチャンとともに世界中の人の心をつかみました。
k5 発達障害の少年と学校初日に助けてくれた少年と間に生まれた絆 k4-2 発達障害の少年と学校初日に助けてくれた少年と間に生まれた絆
コナーはこう言います。
「彼は僕に親切でした。
学校の初日でした。
僕は泣き始めました。
彼は僕を助けてくれました。僕は幸せになりました。」
クリスチャンは、コナーは他の人と変わらない、クラスメイトで友人だと言います。
k3-2 発達障害の少年と学校初日に助けてくれた少年と間に生まれた絆 k1-2 発達障害の少年と学校初日に助けてくれた少年と間に生まれた絆
クリスチャンの母親はこう言います。
「色は関係ない。性別は関係ない。障害は関係ない。
何も関係ない。
親切になって、みんな心を開いてください。」
(出典・画像:米kmbc
心強い、素敵な友だちに出会えて本当によかったと思います。
うちの子は全くお話などはできませんが、小さな頃からずっと学校で一緒の仲のよいお友達がいます。
今では親同士でも。いろいろ助けて頂いています。
学校がずっと休みのときには、お家でうちの子の名前を呼んでくれているそうです。
うちの子にそんな友だちがいること、本当に本当にうれしく思っています。
学校を卒業しても、ずっと仲良しでいてほしいと願っています。
発達障害の5歳の子どもにした行為で少年グループを警察が探す

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。