発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の少年がゴーカートの24時間耐久レースにチャレンジ

time 2020/02/22

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の少年がゴーカートの24時間耐久レースにチャレンジ

発達障害の自閉症と重度の関節炎をかかえている16歳の少年が今年はゴーカートの24時間耐久レースに出場します。
ジャック・ファーガソンは自閉症の若者たちで構成されたカートのチーム、自閉症チームレーシングの一員です。
有名なデイトナ24時間カートレースに参加します。
ジャックはこう言います。
「初めて24時間の耐久レースに参加できることをうれしく思っています。
チームが勝利に向けて全力を尽くすことを誓います」
c3-1 発達障害の少年がゴーカートの24時間耐久レースにチャレンジ
ジャックの父のピートはこう言います。
「カートに乗ると、ジャックは生き返ったようになります。
ジャックは今度のレースに興奮していますが、少し緊張もしているようです」
ジャックは6歳のときに自閉症と診断されそして、すべての関節に炎症もかかえています。
12歳になってカートに乗るようになり、13歳からはレースにも出場しています。
レースに優勝してからは、より速い車に乗り、よりレベルの高いレースに参加しています。
c2-1 発達障害の少年がゴーカートの24時間耐久レースにチャレンジ
30を超えるチームのなかで、自閉症チームレーシングも参加して24時間戦います。
チームは昨年結成されました。
自閉症のドライバーたちは、自閉症のために直面する課題に対処する能力にゴーカートがプラスの影響を与えることを身をもって感じているといいます。
(出典・画像:英IPSWITCH STAR
もう何年も乗っていませんが、遊園地でゴーカートを見つけると必ず乗りました。
楽しいですよね。
同じコースを何周もするので、事前にどんな道がわかる、ここでハンドルを切ればいいことがわかる、
そんなことから発達障害の方も得意になるらしいです。
どんどんチャレンジして輝いて頂きたいと願います。
自閉症のCEOは語る。モータースポーツが自分を変えてくれた

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。