発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の夫とダウン症の妻はラブラブなまま結婚10周年の祝福

time 2020/06/03

この記事は約 2 分で読めます。

自閉症の夫とダウン症の妻はラブラブなまま結婚10周年の祝福

すてきな男性といつ日か結婚する夢をエリカ・デイビスは子どもの頃、よく話していました。
母親のキャシーは思い出します。
「私は結婚することは難しいと思っていました」
それに反して、エリカは夫のベンと結婚10周年を祝うことができました。
ベンはこう言います。
「私たちはとても仲が良いです。彼女は美しいです」
エリカもこう言います。
「彼は私のすべてです。愛しています」
d5 自閉症の夫とダウン症の妻はラブラブなまま結婚10周年の祝福
41歳のエリカはダウン症です。そして、ベンは自閉症です。
2007年に障害をかかえる人たちのダンスパーティーで出会い、3年後に結婚しました。
二人の両親は、結婚10周年を大きく祝う予定でしたが、新型コロナウィルス感染拡大のためにそれはなくなってしまいました。
代わりに、電話会議アプリのZOOMを使った小さなディナーパーティを行いました。
d4jpg 自閉症の夫とダウン症の妻はラブラブなまま結婚10周年の祝福
ベンとエリカがお互いに好意を持ち始めた頃、どちらの両親も気づいていませんでした。
「エリカは家に帰ってくると、ママ、私にボーイフレンドができた!手をつないだ!そう言ったんです。
娘のエリカには素晴らしい想像力があるので、本当に彼が存在しているのかは最初わかりませんでした。
彼の名前を聞いても、わからないと言っていましたし」
しかし、それは現実でした。
そして二人の家族たちはそれを知ると、熱心に応援しました。
そして、2009年のダンスパーティーでみんなの前でベンはプロポーズをしたのです。
100人以上を迎えた結婚式を行い、ディズニーランドに新婚旅行に行きました。
そして二人は、エリカの実家の2階に住んでいます。
d1 自閉症の夫とダウン症の妻はラブラブなまま結婚10周年の祝福
結婚して10年が経っても、二人はいつも愛情を交わしています。
「君はかわいい!完璧だ!」
エリカはそれにキスで応えます。
見ていてうれしくなるとベンの父親のスティーブは言います。
「結婚してもずっとデートをしているようです。
みんながこうしてお互いに愛せるといいですね」
エリカの母親は二人の幸せな結婚生活の秘訣についてこう言います。
「違いますが、似ているところがあるんでしょうね。
ベンはのんびり屋さん。
エリカは時間に正確です。
ベン、服を着て歯を磨いて。
そんなふうに教えて、二人の生活がうまくいっています」
d2 自閉症の夫とダウン症の妻はラブラブなまま結婚10周年の祝福
ベンはこう言います。
「私たちはお互いの言うことをよく聞きます。
そして、私は妻をすごく愛しているからです」
(出典・画像:米EAST BAY TIMES
素晴らしいです。
そんなときもあったなと思い出す夫婦も多いでしょう。。
末永く仲良くお幸せに!
発達障害の夫との間によく起こる問題「私の何がいけないの?」」

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。