発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

家中の物を殴った発達障害の少年はボクシングで落ち着くように

time 2020/07/31

この記事は約 2 分で読めます。

家中の物を殴った発達障害の少年はボクシングで落ち着くように

発達障害と診断された少年は、ボクサーになるという夢を実現するために挑戦を続けています。

10歳のジョージ・ストリートジュニアにとって、ボクシングは人生の原動力です。

「僕は3歳のときからボクシングを始めました。
ボクシングのために生まれたような気がする」

b4-3 家中の物を殴った発達障害の少年はボクシングで落ち着くように

2歳のとき、ジョージは家中を走り回り、すべてのものを殴りました。

「ボクシングでは殴ることは悪いことではありません。
そして、もっと楽しいはずです」

そう父親は言います。
3歳のとき、父親は発達障害の子たちも通うことができるボクシングジムを見つけました。

b3-3 家中の物を殴った発達障害の少年はボクシングで落ち着くように

ジョージはこう言います。

「他の人は楽しいかわからないけれど、僕はとても楽しい。
トレーニングが大好き」

発達障害である自閉症とADHDと診断されているジョージは、挑戦こそが成功につながると考えています。

「息子はボクシングの練習にエネルギーを費やします。
そのために、他のことには集中できるようになりました。
今では、きちんと座って宿題をすることもできます」

父親はそう言います。
ジョージは午前9時におきて、10時間の練習を行っています。

b1-4 家中の物を殴った発達障害の少年はボクシングで落ち着くように b2-3 家中の物を殴った発達障害の少年はボクシングで落ち着くように b6 家中の物を殴った発達障害の少年はボクシングで落ち着くように

ジョージには目標があります。

「僕の目標は、世界で最高のボクサーになることです」

決意と努力で実現に向けて進んでいます。
年内に初めてのボクシングの試合を経験する予定です。

(出典・画像:米Fox13

サンドバッグに夢中になれば、たしかに余分なエネルギーはなくなりそうです。

エネルギーを発散させる機会をもつことで、その他のときには落ち着ける。

ボクシングに限らず、そうした機会をもつのは重要ですね。

柔術が発達障害の子どもたちをいじめから救い、成長にも役立つ

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。