発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の男性はある脳領域の神経興奮性が高いが女性はそうでない

time 2020/08/10

この記事は約 4 分で読めます。

自閉症の男性はある脳領域の神経興奮性が高いが女性はそうでない

自閉症の原因は、脳内の興奮と抑制のレベルの不均衡だとする有力な理論があります。

“eLife”に発表された新しい研究では、自閉症の男性は女性とは異なり、社会的認知と自己反省に重要な特定の脳領域の神経興奮性が増していて、そのために社会的状況をナビゲートする能力が女性とは異なっていることを示唆しています。
自閉症と診断されるのが、女性と女の子に比べて男性と男の子が約4倍になることを考えると、このことは注目に値します。

脳は、興奮と抑制の間でバランスを保っています。
自閉症でない人では、抑制性の活動が興奮性の活動を上回っています。
興奮と抑制のバランスが崩れていることは、自閉症の説明になる可能性があります。

「この研究では興奮と抑制の不均衡が自閉症の男性に、自閉症の女性とはどのように異なる影響を与えるのかを探ろうとしました」

そうこの研究の主著者の一人、イタリア工科大学の自閉症・神経発達障害研究室の大学院生であるすたブロス・トラコシは言います。

s4-2 自閉症の男性はある脳領域の神経興奮性が高いが女性はそうでない

研究チームは、脳内の興奮と抑制の不均衡が、男女で異なるのかをまず探ろうとしました。
そのために興奮性ニューロンと抑制性ニューロンが脳内で相互に作用し、影響し合う様子をシミュレートできるコンピュータモデルの開発から行いました。

このモデルでは、興奮と抑制の混合比を制御し、これらの相互作用をシミュレートし、ニューロン集団の反応を示すことができました。
その結果は、脳波(EEG)や機能的磁気共鳴画像法(fMRI)などの神経画像法で一般的に測定されるデータと類似するもので、興奮と抑制の不均衡に対応する脳スキャンで得られる信号を特定することができました。

そして、自閉症の人とそうでない人を脳スキャンし調べました。

この研究は、”Intrinsic excitation-inhibition imbalance affects medial prefrontal cortexly differently in autistic men versus women”というタイトルで”eLife”に掲載されています。

s2-1 自閉症の男性はある脳領域の神経興奮性が高いが女性はそうでない

研究チームはシミュレートされたデータの特定の統計的変化が、興奮を増強する薬を投与された生きたマウスの脳のfMRIスキャンから得られたデータとも一致することを確認しています。
自閉症の成人の男女のfMRIデータでも、この方法による分析を行いました。

その結果、自閉症の男性では女性とは異なり、内側前頭前皮質と呼ばれる脳領域の興奮が強くなっていることが明らかになりました。
この脳領域の機能は社会的認知と自己反省に関連しているとされています。

また、自閉症の女性ではこの内側前頭前野の反応は強くなっていませんでした。
これは、自閉症の女性が現実世界の社会的状況で、社会的困難のカモフラージュをうまく行えることと関連していると考えられます。

「私たちの研究は、生物学的メカニズムである興奮抑制バランスが性別で異なっているために、自閉症の男性と女性とでは療育方法を異なるようにすることが不可欠である可能性を示唆しています。
また、カモフラージュなどの現象が自閉症の男性と女性とで異なる理由を説明することにも役立ちます」

s3-2 自閉症の男性はある脳領域の神経興奮性が高いが女性はそうでない

そう、ITによる自閉症と神経発達障害のための研究所のディレクター、マイケル・ロンバルド博士は言います。

自閉症の男性に見られる興奮と抑制の不均衡は、社会化とコミュニケーションに関与する特定の脳領域の活動に影響を与えていると考えられます。
そして、これらの脳領域のよりバランスのとれた興奮と抑制が、社会性やコミュニケーションの困難をカモフラージュすることができる自閉症の女性がいる理由だと考えられます。

今回の行ったように標準的な脳イメージングを用いて活動の不均衡を検出できることは、臨床試験にも役立つ可能性があります。
この検出方法を用いて、興奮と抑制のバランスを調整することを目的とした薬物治療への反応もモニターすることができるようになるからです。

今回の研究で得た知見は、非侵襲的な神経イメージング技術を用いて興奮と抑制のアンバランスを測定するためのさらなる研究への道を開くものとなります。
ロンバルド博士はこう言います。

「我々のアプローチは、注意欠陥多動性障害など、女性よりも男性に影響を与える他の神経発達疾患の理解にも役立つでしょう」

(出典:米Genetic Engineering&Biotechnology News)(画像:Unsplash

興奮と抑制のバランスが崩れている。

うちの子を見ていると確かにうなずける感じもします。

適切なサポートに続く研究はますます進んで頂きたいと思います。

自閉症は男性だけではない。誤解したイメージは女性を困難にする

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。