発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

多くの自閉症の人たちが何らかの運動障害もかかえることについて

time 2020/08/15

この記事は約 6 分で読めます。

多くの自閉症の人たちが何らかの運動障害もかかえることについて

ほとんどの自閉症の人(最新の推定では87パーセント)は歩行から手で文字を書くことなど、何らかの運動障害をかかえています。
これらの問題は、自閉症の特徴と考えられている反復的な行動とは異なるものです。
そして、運動の問題はダウン症候群、脳性麻痺や注意欠陥多動性障害などでも発生するため、自閉症の中核的な特徴とは考えられていません。

運動障害の原因、特徴、結果について専門家が知っていることを説明します。
専門家たちは自閉症者の運動障害をよりよく評価し、医師がこれらの問題を治療することにつながる研究が進むことを期待しています。

■ 自閉症の人はどのような運動障害を持っているのでしょうか?

不器用で協調性のない歩行などの体全体の運動の問題や、物を扱ったり文字を書いたりするなどの微細運動の問題があります。
身体の左側と右側の動きを調整することが難しい人もいます。
ブランコで足をポンピングしたり、ジャンプしたり、スキップしたり、ホッピングしたりするような動作をすることが困難です。

また、筋力が低下し姿勢やバランスを保つことができない人もいます。
ボールをキャッチしたり、他人の動きを真似したりするような手と目の協調性を必要とする動作や、一連の動作やジェスチャーを計画的に行うことが困難な人もいます。

これらの問題は軽度のものから重度のものまであり、身体のあらゆる運動に影響している可能性があります。

s3-4 多くの自閉症の人たちが何らかの運動障害もかかえることについて

■ 運動障害は何歳から始まるのですか?

乳児期に現れることがあります。
例えば、後に自閉症と診断された生後1ヶ月の乳児は、典型的な乳児に比べて腕の動きが悪くなる傾向があります。
生後4ヶ月頃までには、典型的な子どもは、座位に引き上げたときに頭を肩と一直線に保つことができますが、自閉症の赤ちゃんはその力が不足していることが多く、頭が後ろに倒れてしまいます。

また、典型的な子どものほとんどが歩けるようになる年齢である14ヶ月の時点で、自閉症の子どもはまだ立つことができないことがあります。

その他の運動の問題としては、物を掴むのに苦労したり、立ち上がって座るのに苦労したり、手を叩いたり指差しをしたりすることができないなどがあります。

■ 自閉症に影響を与える遺伝的要因と、運動の問題はどのように結びついているのでしょうか?

自閉症の素因となるいくつかの突然変異も、運動障害に寄与している可能性があります。
例えば、2017年の研究によると、歩き始めるのが1ヶ月遅い子どもごとに、自閉症遺伝子の自然変異を持つ確率が17パーセント増加しているとされています。
そして、自閉症のいくつかの「症候性」の形態には、その特徴に特定の運動の問題が含まれています。
Phelan-McDermid症候群を持つ人たちはしばしば低筋緊張をかかえています。
dup15q症候群を持つ子どもたちは、特徴的な歩行を持っている傾向があります。

運動問題は、知的障害を持つ自閉症の人に最も重症化する傾向がありますが、自閉症スペクトラムの誰でもがかかえる可能性があります。
例えば2018年の研究によれば、突然変異を持つ自閉症の人は、知的障害があるかどうかにかかわらず、運動問題を抱える可能性が高くなるといいます。
他の研究ではスペクトラムの子どもたちは、知能指数が同レベルの典型的な子どもたちよりも運動問題が多いことがわかっています。
研究者の中には、特定の運動問題が自閉症の症候群型と非症候群型の自閉症を区別するのに役立つかもしれないと言う人もいますが、まだその考えは証明されてはいません。

s1-4 多くの自閉症の人たちが何らかの運動障害もかかえることについて

■ 脳内で何が起こっているのでしょうか?

脳領域間の接続性の違いが、一部の自閉症の人の運動障害を説明するのに役立つかもしれません。
例えば、自閉症の子どもたちは視覚領域と運動領域の間の活動の同期性が低下しています。
同期性が低いほど、標準的な尺度に基づく社会的なスキルの問題がより深刻になります。
また、運動の問題は手と目の協調に関与する下頭頂葉と、運動の誘導と修正に役立つ小脳との間の接続性の低下に起因している可能性があります。
他の証拠は、運動計画のために重要なネットワークの感覚と運動領域と非定型活動の間の弱い接続を示唆しています。
また、自閉症の人たちは、新しい道具の使い方を学ぶときに、典型的な人たちよりも、視覚情報を無視して身体の位置に関する内的感覚に頼ることが多いようです。
そして、内的感覚に頼ることが多い自閉症の人ほど社会的なスキルの問題は深刻になっていますが、なぜそうなるのかはまだわかっていません。

■ 運動の問題は自閉症の程度に影響を与えますか?

おそらく与えます。
乳児期の運動の問題は、喃語、身振り手振り、新しい語彙の獲得の遅れと結びついています。
認知、社会性、感情の発達に影響を与える可能性があります。
それは、お座りや手を伸ばして物に触れたり、歩いたりするなどの運動能力が、赤ちゃんに学習を促す新しい経験をさせてくれるからです。
また、あまり動かなかったり、物を掴むことができなかったりする赤ちゃんは、保育者との交流が少ないため、大人から言語やその他のスキルを学ぶ機会も限られてしまいます。

幼児期に運動能力が低下すると、大きくなってからスポーツなどの身体活動を嫌がり、他の子どもたちとの交流の機会が制限され、社会性の発達も妨げられる可能性があります。
また、頭の動きの調整がうまくいかないと、大人数での社会的な交流について行くことが困難になり、手書きの問題が学業成績に影響を与える可能性もあります。

自閉症の人が最も苦労している視覚運動統合のスキルは、他人の真似をしたり、他人から学んだり、社会的交流に参加したりするためにとても重要なものです。

運動の問題が社会性や認知能力の発達を妨げていることに間違いはありませんが、それが社会的困難の唯一の原因であるとは考えにくいでしょう。
むしろ、脳内の同じ原因から、自閉症の人の運動能力の問題、社会性の問題が生じているのではないかと考えられています。

s4-3 多くの自閉症の人たちが何らかの運動障害もかかえることについて

■ 医師や研究者たちはどのように運動能力を測定しているのでしょうか?

いくつかの標準化されたテストで、子どもが特定の運動課題をこなせるかどうかを明らかにすることができます。しかし、これらのテストは、自閉症の子どもの運動障害を捉え、測定するのには十分な精度を持っていません。
また、典型的な子供のために設計されたタスクは、知的障害や認知障害のある子どもにとっては難しかったり、不可能だったりします。

一部の研究者は、手書き、バーチャルリアリティ、センサーや赤外線カメラによるモーションキャプチャー、加速度計やジャイロスコープ(手足の動きの強さや角度を測定する)、圧力センサーを備えたマット(歩行の違いを検出する)、筋電図(筋肉の電気的な活動を測定する技術)などを使って、運動の問題を探るための新しい方法を考案しています。
しかし、研究者たちは、これらの測定法が標準化するにはまだ遠い道のりがあると言います。
自閉症の人の運動の違いを捉える測定法を見つけることが、まず第一歩です。

■ 運動障害はどのように治療されるのか?

標準的な治療法には通常、理学療法や作業療法が含まれます。
しかし、これらは自閉症の子どもには、完全には対応できない可能性があると研究者は言います。
さらに、自閉症の子どもたちのうち、運動障害の治療を受けているのは32パーセントにすぎません。
一部の専門家は、適応したスポーツプログラム、ヨガ、武道、音楽を含む運動療法などの新しい治療法を試し始めています。しかし、これらのアプローチが効果的かどうかの証拠はまだほとんどない状況です。

(出典:米SPECTRUM)(画像:Pixabay

うちの子も歩き始めるのは遅かったです。

今でも走っているときは左右対称になっていません。

ですが、子ども発達支援センターや特別支援学校で、たくさん歩いてきたおかげで、歩くのは得意です。

どこまでも歩けます。

ニコニコしながらずっと歩く姿を見るとうれしくなります。

「自発的」運動が自閉症の子の症状を改善する可能性。東大研究

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。