発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症ママの「授乳」で経験している感覚の違いなどに伴う困難

time 2023/11/16

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

自閉症ママの「授乳」で経験している感覚の違いなどに伴う困難
  • 授乳や育児において、自閉症を持つ親や子供が直面する感覚的な違いは何か?
  • 自閉症をもつ母親の授乳経験において、内部感覚の異常がどのように影響しているか?
  • 自閉症を理解した保健専門家や支援者が母親や家族に提供できる支援の向上策は何か?

自閉症と授乳についてはまだ十分な知識がありません。
数年前、私たちはすべての研究論文を調査したところ、自閉症の親の経験については限られた情報しかないことを発見しました。

授乳時の感覚的な違いが、大きな困難につながる可能性があることを強調した以外の情報はありませんでした。
また、保健専門家によるコミュニケーションが、自閉症の親のニーズを十分に満たしていないことがわかりました。

公表された新しい研究では、英国全体から152人の自閉症の親に、授乳とミルク育児に関する経験について尋ねました。
母乳を与えた母親の87パーセントは、困難に直面しても母乳育児を続けることに強いモチベーションをもっていました。
一方で、私たちがインタビューした母親の中でミルクで育児をする人は54パーセントしかいませんでした。
英国では通常、88パーセントの赤ちゃんが生後6ヶ月で少なくとも1回はミルクを飲みます。
つまり、自閉症の母親においては、ミルクで育児をする人が大幅に少なくなっていました。

なお、ほぼ半数の回答者が、授乳をほとんどまたは常にポジティブまたは楽しい経験として感じていました。
これには赤ちゃんとの絆を感じることや授乳について学び楽しむ経験が含まれます。

ただし、これらの自閉症の親の多くが感覚的な困難を経験していました。
触れることに関連する問題が最も頻繁に報告されました。
これらの問題は、小さな手が肌に触れることによる不快さから、赤ちゃんが吸う、噛む、乳首に吸い付くことによる痛みまでさまざまでした。

参加者の中で、10パーセントが母乳を絶えず搾乳していました。
これは通常、赤ちゃんが早産であるか、親が仕事に戻った場合に行われることがあるだけで、一般的な親のグループでは期待されない割合です。
そして、乳首ポンプの感触や音が一部の母親親にとっては我慢できないこともありました。

ほとんどの人は、5つの基本的な人間の感覚、触覚、視覚、聴覚、嗅覚、味覚を知っています。

しかし、私たちは同じくらい重要な3つの他の感覚も持っています。
前庭系はバランスを保ち、安全に移動するのに役立ち、固有受容感覚は筋肉と関節の動きを知らせ、内部感覚は心拍数、呼吸、消化など、体内で何が起こっているかを教えてくれます。

自閉症の人たちは、しばしば、自閉症でない人たちとは異なる内部感覚の経験を持っています。
お腹がすいているか、喉が渇いているか、トイレに行く必要があるかがわからなかったり、逆に敏感に感じたりするのです。

母乳を与えた母親の41パーセントが、母乳が出る反射(母乳が流れる原因となる体の反応)に関連する内部感覚の経験について、いつも、またはほとんどの時間で不快または痛みを伴うものであると報告しました。
これには「恐れの感覚」や反射が何らかの方法で奇妙に感じることも含まれます。
母親の一人は「古風な電話が胸に鳴っているようだった」と言っていました。

母親が母乳を与えたりミルクを与えたりする際の赤ちゃんの頻繁な授乳の強度は、一般的な親の中でもよく知られた問題です。
しかし、自閉症の親にとっては、新しい親業の忙しい日常が、調整を保ち、ストレスを解消するのに、通常の方法が役に立たないこともあります。
例えば、散歩に行ったり、お気に入りのテレビ番組を観たりすることです。

私たちの研究に参加した親たちは、赤ちゃんを育てる際の感覚的な課題を減少させるために多くの方法を行ってきました。
これには衣服の調整や、スマホを見ながら授乳中に自分自身を気晴らしすることも含まれます。

多くの一般的な母親において、母乳育児中にスマートフォンを使用しても、絆に悪影響を及ぼす証拠はありません。
したがって、母乳育児が難しいが続けたいすべての母親に、この種の気晴らしは奨励されるべきです。

私たちの研究に参加した母親の76パーセントが何らかの形で母乳育児支援を受けたというデータもあります。
一方で、これらの親のうち約3/4(71パーセント)が依然として支援を受けていないと感じています。
問題としては、十分な母乳育児支援が利用できないことや、保健専門家が矛盾する情報を提供することがありました。
これは、自閉症でない母親においても、同様の問題が見受けられます。

また、幼児の育児を支援する人たち、例えば助産師や保健訪問者は、自閉症者の人とのコミュニケーションに対する理解が不足しているようです。
一部の母親は、自分の意見が聞かれないか、自分の懸念が無視されたと感じていました。
また、スタッフが自閉症者の授乳中に影響を及ぼすかもしれない特定の感覚的および内部感覚の違いを理解していないように感じていました。

全体的に、私たちの研究では、乳児の育児支援を提供する人たちが自閉症についてより理解を深める必要があることを示唆しています。
英国全土で開発され、自閉症の成人に提供される国立の自閉症トレーニングプログラムは、この状況を改善することを目指しています。

改善するべき、もう一つのことは自閉症の母親、そのパートナー、およびその他のサポートを提供する人々が、事前に潜在的な育児の問題を認識し、より準備ができるようにすることです。

エイミー・グラント
公衆衛生およびウェルカムトラストの上級講師、英スウォンジー大学キャリア開発フェロー

カトリン・グリフィス
英スウォンジー大学研究員

キャスリン・ウィリアムズ
英カーディフ大学博士課程候補者

(出典:英THE CONVERSATION)(画像:Pixabay

授乳するときに、自閉症の有無に関わらず、ママにはそんな苦労があることをまず知りませんでした。

ごめんなさい。そして、ありがとう。

うちの子たちは、母乳もミルクも飲んでいました。

まず、パパも知っていなければなりません。

自閉症やADHDの子は内受容感覚、体の内部の感じ方が違う

(チャーリー)


たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから

最近の人気記事

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。


NPO法人Next-Creation様からコメント

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。