発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の息子はエンジン音だけのカートの世界で自信をつけた

time 2020/10/13

この記事は約 3 分で読めます。

発達障害の息子はエンジン音だけのカートの世界で自信をつけた

何千人もの子どもたちが、小さなスピードマシンのハンドルを握ってコースを駆け回り、相手を出し抜き、将来のチャンピオンを目指すスリルを体験しています。

しかし、デヴォン・ジャイルズにとってカートレースはそれ以上のものです。
それはデヴォンに自信と社会生活をもたらしました。

6歳のデヴォンは発達障害の自閉症とADHDをかかえています。
しかし、他の人とコミュニケーションをとることの困難は、デヴォンとマシンだけの時には関係ありません。

c2-1 発達障害の息子はエンジン音だけのカートの世界で自信をつけた

デヴォンがスポーツに夢中になったのは、ママのサムがデヴォンをカートセンターに連れて行ったのがきっかけです。

「息子のデヴォンは学校では本当に苦労していました。
分離不安症もかかえていました」

学校では、時計が刻む音からクラスメイトが話したり叫んだりする音まで、デヴォンにはつらい音がたくさんあります。
しかしカートに乗れば、エンジン音しか聞こえません。

デヴォンがリラックスできるように、ずっとカートセンターに通いました。

「息子とカートだけです。
誰とも話す必要もありません。
息子にとっては、それがとても素晴らしいことでした」

c1jpg 発達障害の息子はエンジン音だけのカートの世界で自信をつけた

デヴォンが初めて本格的なレースに出たのは、新型コロナウィルスによるロックダウンが緩和された8月のことです。

競技スポーツがもたらす喜びと失望を実感させる機会となりました。
クラッチが壊れて4位から10位に転落してしまいました。
それは、パニックを起こしてしまう可能性もありましたが、デヴォンはパニックを起こすことなく走りきりました。

カートは母と息子の距離も縮めてくれました。

「息子は練習でもレースでも、コースを降りるたびに自信を見せてくれます。
息子の顔は笑顔になっています」

c3 発達障害の息子はエンジン音だけのカートの世界で自信をつけた

祖父のデイブ・ウォルシュはメカニックの手伝いをしており、2人はカートに関わる人たちから応援されています。

ロックダウンのためにでカートで走り始めてからまだ5ヶ月しか経っていませんが、デボンには野心があります。
デヴォンは一つ上の競技クラスに入れるようになりたいと考えています。

 

c5 発達障害の息子はエンジン音だけのカートの世界で自信をつけた

母親のサムはこう言います。

「デヴォンの集中力は本当にすごいものです。
そして、志を同じくする子どもたちと一緒に過ごすことで、10倍くらい社会性も成長しました」

(出典・画像:英Gazette & Herald

カートいいですよね。

いい大人になってからも、遊園地にカートがあると必ず乗ります。

二人乗りのがあれば、うちの子と走って最高にうれしくなります。

当事者として支援者として役割を果たす。自閉症のカーレーサー

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。