発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の当事者サポートグループは自分自身になれる安全な場所

time 2023/12/03

この記事は約 5 分で読めます。

自閉症の当事者サポートグループは自分自身になれる安全な場所

私が自分には何かおかしなところがあるとずっと感じていたことは、小さい頃からのことです。
他の人たちとは違うと思っていました。

子どもの頃、私は自分が本当に人間だとは思えなかったものです。
母はいつも、私は話しすぎる子として生まれてきたと言っていました。
生まれつき反抗的で難しい性格で、抗議の拳を振り上げていたのです。
食べ方も服の着方もうまくできませんでした。
「難しい子」という言葉は、母が私を表すためによく使った言葉で、今でもときどき使います。

学校では、話しすぎると言われました。
他の子どもたちは私のことをからかい、友達はいませんでした。
私は孤立し、避けられていました。

この「違う」という感覚は、私の一生を通じて私を悩ませました。
大学時代には、変わり者としての感覚にうんざりし、普通と思われる生活、行動、服装、表情、人格を真似ることに一生懸命努力しました。
これには莫大な努力が必要でした。
しばしば失敗し、「気取っている」「やりすぎ」「変」と言われました。

人生は世間の望む通りになろうとする絶え間ない戦いでしたが、いつも足りないところがありました。
夫は常に私が嫌われていると言い、社交が苦手で関係を維持できないため、私は適切な医者の妻ではないと言いました。
仕事を続けることができず、騙されたり、だまされたりすることが多く、天然さをからかわれました。
私の変わり者としての証拠は至る所にありました。

blank

4年前に自閉症と診断されました。

突然、すべてが納得できるようになりました。
自分が何者かを知り、自分自身に対して同情と理解を持つことができました。
嬉しくなり、自分らしく世界に飛び出しました。

このパズルのピースを手に入れたことで、やっと愛と共感を見つけることができると思いました。
40代で友達がいない離婚した女性でしたが、自分がなぜ変わり者なのか理解できるようになり、それを人たちに説明して、いつも欲しかった愛とサポートを見つけることができると思いました。

しかし、実際にはうまくいきませんでした。
友情はうまくいかず、人たちはまだ私を「気取っている」と感じ、避けました。
恋愛関係でも「やりすぎ」と言われ、遠ざけられました。

昨年の春、自閉症の大人のためのサポートグループを立ち上げました。
無料で、仲間が主導し、時には他の人たちにリーダーシップを取らせました。

最初は小さなグループでしたが、急速に成長しました。
私は決して完全なメンバーになることはできませんでした。
私はセラピストであり、メンバーの多くがいつか私のクライアントでしたが、グループに参加すること自体が、私の人生で最も癒しと治療的な経験でした。

blank

グループでは、自閉症であることの感覚について話し、人たちは理解してくれました。
開放的になり、「やりすぎ」や「難しい」、「気取っている」などと言われることなく、人たちは理解し、私も彼らを理解しました。
私たちは固定観念や情熱について話し合いました。

グループの話題はダンジョンズ&ドラゴンズから物理学、植物、ナマケモノ、神経学、ビデオゲームにまで及びました。
私たちは普通の人たちが「気取っている」とか「知ったかぶり」と感じるような、固定観念に没頭しました。
私たちは自由に振る舞うことができました。
私は足をバウンドさせたり、フィジェットで遊んだり、自分の言葉を繰り返したりしました。

目を合わせる必要はありませんでした。
私たちは関係を見つけたり、受け入れられることの難しさについて話し合いました。
それはまるで犬の中にいる猫のようで、他の猫たちと一緒に座り、何か他のものになるような要求なしに自分らしくいられる場所をやっと見つけたようでした。
それは魔法のようなものでした。

これはグループの社会スキルトレーニングではありませんでした。
私たちが普通の人のように社交することを強制されるタイプのセラピーではありませんでした。
これは、私たちが自分自身でいることができ、それを嫌われたり、自分自身を嫌ったりしなくてもよい場所でした。

グループは今でも毎週木曜日の夜に開催されています。
現在、100人以上の正式なメンバーがいます。
多くの人たちが対面のグループには参加しません。それは私たちにとって多すぎる場合があります。

blank

オンライングループはDiscordを通じて活動しています。
ティーンエイジャーのグループがあります。
ダンジョンズ&ドラゴンズの夜があります。
グループの人たちは、いかなるセラピストや治療よりもグループが彼らを助けたと常に私に話しています。
それはメンバーが自分自身と自分の自閉症を理解し、理解や検証を提供していない世界で安全を見つけるのを助けました。

多くの人たちがこのグループでは、家族から自分たちが自閉症ではないと信じていないと言われたり、自閉症は「言い訳」だと考える家族がいたりします。
多くの人たちが、敵意のある世界で安定した雇用や関係を見つけるのに苦労しています。
多くの人たちが暴力や虐待の被害者になっています。
多くの人たちが子どもの頃にはひどいいじめに遭っていましたが、今では私たちは自分たち自身の場所を持っていることを知っています。

私は、自閉症の成人向けのサポートグループでの帰属感、自分らしさを解き放つ力、そして場所を見つける力を文献レビューしました。
同じような状況にある仲間の成人向け自閉症者のための研究論文や同業者による査読付き記事を探しました。

しかし、多くの定型発達の心理学者によって書かれた多くの記事は、社交的なスキルグループが私たちに正常に振る舞うことを教えることができるという内容でした。

私だけが自閉症の人間として、自閉症者のグループが答えであると感じたわけではありません。
オンラインで調べてみると、多くのYouTuber、ソーシャルメディアインフルエンサー、および他の自閉症のセルフアドボケイトが、自閉症者のグループでの自分らしさを解き放つ力について話しています。
それにもかかわらず、学会や医師が遅れているのです。

blank

私の目標は、これを変えることです。
どのコミュニティにも、自閉症の人たちが自分自身である場所や安全な場所があるべきです。
自閉症の人たちは私が出会った中で最も素晴らしい人たちの一部です。

彼らはエンジニア、医師、心理学者、芸術家であり、世界を変えています。
私たちは、まさに自分たちがどんな人であるかを認められ、愛されるコミュニティであるべきです。

(出典:米Psychology Today)(画像:Pixabay

自分らしくいられる。

それは本当に重要なことです。

いつでも、どこでも、そうなれる社会を期待しています。

自閉症の子が自分らしくいられる「ダンジョンズ&ドラゴンズ」

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから
たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

blank

NPO法人Next-Creation様からコメント

blank

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。