発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の子の父は言う「興味をもてることを一緒に探して」

time 2021/03/01

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の子の父は言う「興味をもてることを一緒に探して」

息子の才能が特別支援を必要とする子どもの家族の希望の光になってほしいと、ある家族は願っています。

「シャツのロゴは息子が作ったものです。
自閉症の虎です。
息子自身が自閉症の虎であり、それを誇りに思っています」

p9 発達障害の子の父は言う「興味をもてることを一緒に探して」 p8 発達障害の子の父は言う「興味をもてることを一緒に探して」

そう、デビッド・ビレックは8歳の息子タイガーについて言います。
3年前、タイガーの才能に気づきました。

「ホワイトボードを買ってあげたら、何でも描き始めたんです。
おもちゃの一つを参考にして、描いていました。
信じられませんでした。
5歳で、写生をしていたんです」

p2-1 発達障害の子の父は言う「興味をもてることを一緒に探して」 p7 発達障害の子の父は言う「興味をもてることを一緒に探して」

発達障害の自閉症をかかえているからこそ、タイガーは素晴らしい能力をもっていると家族は知っていたといいます。
しかし、期待していたのは両親だけではありませんでした。
学校の先生も、タイガーの才能を認め地元の展示会に絵を出典することを奨めました。

「息子はそれで3つも受賞しました。
タイガーは学校では美術の授業を受けていませんでしたが、息子の才能は認められていて、農場や動物をテーマにした作品をいくつか提出するように言われたんです」

タイガーの母親は、息子の芸術的な側面がコミュニケーション能力の向上にも役立っていると言います。

「息子がアートを始めると、それは素晴らしく、そしてさらにどんどん上手になっていきました」

タイガーは、絵を描くことには完璧主義者であるといいます。
線が正しく見えないと、それを消して最初からやり直します。
場合によっては、紙を捨てて一から描き直すこともあります。

p3-1 発達障害の子の父は言う「興味をもてることを一緒に探して」 p6 発達障害の子の父は言う「興味をもてることを一緒に探して」

「息子がディズニーのアニメーターになれたら、すごいです。
私たちはディズニーワールドの近くに住んでいるので、息子が18際になったら仕事ができるといいですね」

そして、父親は子どもの才能に気づいたら、見守ることが重要だと言います。

「子どもが楽しめること、興味をもてることを一緒に探し続けてください。
そして、見つけたら育んでください」

p1-1 発達障害の子の父は言う「興味をもてることを一緒に探して」 p4 発達障害の子の父は言う「興味をもてることを一緒に探して」

タイガーの両親は、息子の作品とアーティストになるまでの道のりを紹介するYouTubeチャンネルも作っています。4月からタイガーはアニメのアカデミーにも通う予定です。

(出典・画像:米CLICK ORLANDO

「子どもが楽しめること、興味をもてることを一緒に探し続けてください。
そして、見つけたら育んでください」

私もまったく同感です。

発達障害の人たちが学ぶストップモーションのアニメスタジオ

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「安心したよ、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。