発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の人たちが学ぶストップモーションのアニメスタジオ

time 2020/02/20

この記事は約 2 分で読めます。

発達障害の人たちが学ぶストップモーションのアニメスタジオ

フライチーズスタジオは発達障害や身体障害をかかえるアーティストを支援しています。
イギリスのシェフィールドでは唯一のストップモーションのスタジオです。
それだけでなく3Dモデリングやゲームのための写真撮影などデジタルメディアのスキルも生徒たちに教えています。
マネージング・ディレクターのポール・ブラウンが、デジタルミュージックとアニメーションについて身につけたスキルを生かして、7年前にこのフライチーズスタジオを作りました。
s5-2 発達障害の人たちが学ぶストップモーションのアニメスタジオ s4-3 発達障害の人たちが学ぶストップモーションのアニメスタジオ s3-4 発達障害の人たちが学ぶストップモーションのアニメスタジオ
「ここで働く人たちの能力は、ストップモーションの撮影のような均一なものではありません。
運動機能に困難をかかえている人は動かしやすい大きなものを扱い、複雑なことを行えない場合にはそうでないおことを行います。
みんなに同じレベルの身体能力は求めることはありません」
ポールは経験豊富なチームのメンバーと協力して、生徒たちが取り組む作業を手伝いながら、自分でアイデアを発想するところから、ストーリーボードを作成し映画を撮影、編集するまでのすべての専門的な技術を身に着けられるようにします。
アニメーションの長さはさまざまで30秒から数分になります。
s8-1 発達障害の人たちが学ぶストップモーションのアニメスタジオ s1-4 発達障害の人たちが学ぶストップモーションのアニメスタジオ s7-1 発達障害の人たちが学ぶストップモーションのアニメスタジオ s2-4 発達障害の人たちが学ぶストップモーションのアニメスタジオ
ポールはこう言います。
「ここから大学に進学した生徒も数人います。
これまでにいくつかの大きなプロジェクトも行ってきました。
最近のプロジェクトでは、慈善団体の寄付のプロモーションのためのものでした。
すべての生徒たちが何からかのかたちで製作に参加してもらおうと考えていたストップモーションアニメです。
3人の生徒が最初は製作の作業を拒否しました。
その選択をしてもかまいません。そうできることは良いことです。
その後に、みんなが参加できるように調整しました」
(出典・画像:英The Star
ストップモーションアニメ、本当に手間がかかりますがその分出来上がると素晴らしいものです。
今はスマホの写真でもちょっとそんな事が出来るので、私やうちの子のきょうだいも作ったことがあります。
求められる集中力と根気に、その強みを発揮できる発達障害の方も少なくなさそうですね。
映画を作り発達障害の若者たちが映画スタッフの仕事を学べる機会

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。