発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

映画を作り発達障害の若者たちが映画スタッフの仕事を学べる機会

time 2017/12/06

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

映画を作り発達障害の若者たちが映画スタッフの仕事を学べる機会
  • 映像産業で働けるようになるためのプログラムが、どのような効果をもたらしたのか?
  • プログラムに参加した人たちが映像産業の仕事をするための準備ができた理由は何か?
  • 今後、このプログラムがどのように発展していくのか?

米カリフォルニアのリフトン・インスティチュート・オブ・メディア・アーツアンドサイエンス(LIMS)の創設者ジミー・リフトンは、新しいプログラム「リール・ピープル」で、発達障害の人たちが映像産業で働けるようになることを願っています。
このとりくみは、発達障害の若者たちが映画のスタッフの仕事を学べるように考えられたものです。
カメラ操作やセットの設営その他のサポートの仕事を学びます。
「発達障害の人たちが映像産業で働けるようになることを見たかったのです。
どうなるかわからなかったので、自分たちの映画を撮ることにしました。」
参加した21歳のジョーダン・カーツはこのプログラムはとても良いものになりました。
e2 e4 e6 e3
「トレーニング中は本当に楽しかったです。
発達障害の人のための素晴らしいプログラムです。
映像産業で働けるようになるための準備ができます」
そうジョーダンは語ります。
ジョーダンの母親のトレスラも素晴らしい成果を見ることができました。
「息子のこのプログラムに取組む熱意を見ました。
毎日、何があったかを興奮して話してくれました。
今までは、そんなこはなく少し閉じこもっていました。」
このプログラムを通じて、何も映画の仕事についての知識がなかった人たちの75%が映像産業の仕事をするための準備ができるようになりました。
リフトンはこう言います。
「とてもうれしくなりました。
その結果に興奮して、舞い上がってしまいました。
e12 e1 e15
発達障害の若者たちは、仕事への態度、集中力について本当にすばらしいものでした。」
そして、このプログラムに参加した70%の人たちが、テレビ番組の制作の仕事に就くことができました。
リフトンは、現在1年に4回行われているこのプログラムをもっと拡大して行うことを考えています。
今までは、自分たちの資金で行っていましたが、このプログラムを継続し拡大させ、生徒たちの授業料の必要もなくすために資金調達を行っています。
「発達障害の若者の雇用は、現在少ないのです。
このようなプログラムは、国中で注目を集めるはずです。
変えなければなりません。
もっとドアを開けなければなりません。」
e13 e14
(出典・画像:米HOMETOWN STATION
ハリウッドの近くで映像の仕事を学ぶ。
たくさんの方たちが活躍できるように、ますますこのプログラムが発展することを期待し願います。
ジョン・トラボルタの弟が映画を通じて教えること

(チャーリー)


たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから

最近の人気記事

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。


NPO法人Next-Creation様からコメント

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。