発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の人は視覚的に考える。学習や日常を助ける7つのツール

time 2021/04/12

この記事は約 8 分で読めます。

自閉症の人は視覚的に考える。学習や日常を助ける7つのツール

自閉症の人の多くは、視覚的に物事を考え、そして学びます。
自閉症の専門家たちは、自閉症の子どもや大人がよりよく学び、日常生活でより効果的に機能するために、視覚的なツールを使うことを強く推奨しています。

すべての自閉症の人が視覚的に学習するわけではありませんが、視覚的な補助具、操作具、絵カード、ビデオモデルなどの関連ツールが自閉症の人にとってとても役立つことは間違いありません。
しかも、そのような道具のほとんどは、比較的簡単に見つけることができ、作ることもでき、かなり安価なものです。

自閉症の人は視覚的に考える人であるという考えは、著名なエンジニアであり自閉症の当事者でもあるテンプル・グランディンの著書によって、より広く知られるようになりました。
1995年に出版されたグランディンの著書「Thinking in Pictures」は、自閉症と学習についての専門家の考え方に大きな影響を与えました。
グランディンは、自分は言葉ではなく「絵で考える」と説明しています。
このために、会話などは難しくなるものの、エンジニアリングなどの他のタスクは著しく容易になると述べています。

1960年代、教育理論家のハワード・ガードナーは多重知能理論を発表し、12種類の知能の中に視覚・空間知能を挙げました。
視覚的・空間的知能とは、空間的な判断力と、心の目で視覚化する能力のことです。
私たちは、空間を移動したり、パズルを組み立てたり、地図を覚えたり、部屋のレイアウトを思い描いたりするときに、この視覚的な知能を使います。

自閉症の人は視覚的に考える人が多く、確かにパズルや物の整理、ルートの記憶などが得意な人が多くいます。
したがって、「自閉症の人は視覚的な学習者である」と考えるのは論理的です。

自閉症の学習者のための教具や道しるべとして視覚を使用することは、そのように理由があります。
ビデオ、体験型のマニピュレーション、教具なども同様です。

自閉症の人はほぼ全員、話し言葉が苦手です。
話し言葉が全く使えない人もいれば、話し言葉は使えるが、話し言葉を高速で意味に変換するのが難しい人もいます。
これが、言語能力の高い生徒であっても、サポートなしに通常の教室で効果的に学ぶことが難しい、あるいは学べない理由の一つです。

視覚によるものは、自閉症の人にとって、話されている言葉を高速で意味づけする必要がなく、言われていることや教えられていることを理解するのを容易にします。
ビジュアルツールは、言語能力が非常に制限されている人でも他者とのコミュニケーションを可能にするのです。

v3 自閉症の人は視覚的に考える。学習や日常を助ける7つのツール

自閉症の人は、抽象的な概念を理解するのが非常に難しい場合があります。
「上げる」「下げる」「下に」「上に」そうした言葉でさえ難しく、
up, down, under, overなどの言葉でさえ難しく、「右に」「来週」も同様です。
ビジュアルであれば、これらの概念を即座に理解することができます。

自閉症の人は一般的に、スケジュールの突発的な変更は苦手で、ルーティンを好みます。
ほとんどの学校や職場はルーティン化されていますが、そのルーティンは明らかではないかもしれません。
例えば、体育の授業は火曜日の9時と木曜日の2時に行われるかもしれません。
視覚的なスケジュールは、ルーチンを予測し、従うことを容易にします。

自閉症の人の多くが、周囲の人の行動を真似るのが得意ではありません。
そのため、さまざまな環境における「不文律」や「期待される行動」に気づかないことがあります。
「廊下では静かに」「家に入ったら座って」などの重要な情報を伝えるには、ソーシャルストーリーやグラフィックなどの視覚的ツールが役立ちます。

自閉症の人にとって、時間を伝えたり使ったり、学校の教材を整理したりするような実行機能のスキルも非常に難しいものです。
視覚的なタイマーや色分けなど、視覚的なツールを使うことで、大きな違いが生まれます。

視覚に頼る学習者には、自閉症ではない人も多く含まれます。
教師、雇用者、地域団体が視覚的ツールを採用することは、すべての視覚的学習者の生活を楽にすることになります。
ビジュアルツールの中には、かなり高価なものもありますが、ほとんどは低価格か無料です。

ビジュアル・シンキング・ツールは、オンラインやソフトウェアの形でもますます簡単に入手できるようになっています。
インタラクティブな地図、「マインドマップ」ツール、情報の視覚化ツールなどは、すべてその一部です。
これらによって、自閉症スペクトラムの人がこれらのツールを普段から使用しやすくなります。

v2 自閉症の人は視覚的に考える。学習や日常を助ける7つのツール

①ビジュアル・スケジュール

ビジュアル・スケジュールは、最も単純な形では、絵文字が貼り付けられたボードです。
通常、絵文字で、昼食、休み時間、バスなどの特定の活動を示します。
スケジュールには時刻が含まれていてもいなくても構いません。
自閉症の子どもを教えていない教師であっても、幼い生徒が一日の予定を確認するのに視覚的なスケジュールは使われています。

より高いレベルのスキルを持つ自閉症の人のためにの視覚的なスケジュール管理ツールもたくさんあります。

多くはプロジェクトマネージャーのために作られたものですが、教師や雇用者も使えるものです。
ビジュアルスケジュールには、カレンダー、タイムライン、時刻表などが含まれます。
また、オンラインのインタラクティブなカレンダーやオンラインのガントチャートなどは、インタラクティブで時間管理を行え、時間管理のスキルを向上させるのにも役立ちます。

②ソーシャルストーリー

ソーシャルストーリーは、期待される行動や予定されているイベント、感情への対処など、さまざまなトピックについて視覚的な情報を提供するツールです。
写真や簡単な言葉を使って、行動を説明したり、予告したり、指示したりするのが一般的です。

例えば、歯医者に行く前、髪を切る前、バスに乗る前、親戚を訪ねる前などにソーシャルストーリーを使います。
また、遊び場のような構造化されていない環境で子供が交流するための準備にも使用できます。

v4 自閉症の人は視覚的に考える。学習や日常を助ける7つのツール

③ビジュアルタイマー

時間の概念,特に経過時間の概念は,自閉症スペクトラムの多くの人にとって非常に難しいものです。
スケジュールやカレンダーを使うことができる人でも、10分の経過を「感じる」ことができなかったり,「あと1時間でこれを終わらせる」という意味を本当には理解できなかったりします。

視覚的なタイマーは、子どもにも大人にも、時間の経過を観察し、対応するのに役立つ素晴らしいツールです。
最もシンプルなものは砂時計です。

④ピクチャーカード

絵カードは、自閉症の子どもたちが話し言葉の代わりに使用したのが始まりです。
絵文字を使うことで、言葉を使わずに質問に答えたり、物を要求したりすることができます。
膨大な数のデジタル画像が収録された便利なデジタル機器もあります。
もちろん、紙などのカードでも良いです。
また、比較的安価で非常に汎用性の高いiPadアプリも今はあります。

⑤ビデオを使った教育

静止画と同様に、動画も言葉では伝えられない概念を伝えることができます。
自閉症の幼児の多くは、テレビや映画から言葉を学び始め、フレーズを反響させ、多くの場合、それらのフレーズを適切に使えるようになってから、より典型的な発話パターンに進みます。

また、自閉症の人の多くは、言葉で説明されるよりも視覚的に説明された方が内容をよく理解できます。
そのため、教育用ビデオは、自閉症スペクトラムの生徒や従業員にとって効果的な教材となります。

そして、ビデオを教材として使用することには、いくつかの大きなメリットがあります。

繰り返し再生できるので、あっという間に過ぎてしまう内容を学習者に定着させることができます。
映像と言葉を組み合わせることで、学習者が言葉と絵を関連付けることが容易になります。
そして、自閉症の人の多くは、好きなキャラクターに強い感情移入もします。

v1 自閉症の人は視覚的に考える。学習や日常を助ける7つのツール

⑥ビデオモデリング

ビデオモデリングは、通常、期待される行動や好ましい行動、社会的スキルを教えるために使用されます。
ビデオモデリングには2つの形態があります。
1つは、俳優を使って望ましい行動やスキルを文字通りモデル化するものです。
もう1つは、自閉症の人が自分の行動を見て評価できるように、その人を撮影するものです。

ビデオモデリングの価値は、顔の表情やボディランゲージの認識などの重要な社会的期待について、語るのではなく示すことができるという点にあります。

自閉症の子どもの多くは、他人の悲しみや不安などの感情を認識するのが簡単ではありません。
これは、自閉症の子どもに共感能力がないということではありません。
むしろ、共感が必要なことに気づく能力が欠けているのです。
ビデオモデルは、静止した「悲しい」画像よりもリアルで、子どもたちが他人の感情を認識するのに役立ちます。

また、自閉症の人は、ボディランゲージを「読む」ことが困難です。
そのために、社会的な環境で自分が歓迎されているか、歓迎されていないかを示すシグナルに気づかないことがあります。
誰かが恋愛感情を持っているかどうかのサインを見逃すこともあります。
ビデオモデルは、そうしたギャップを埋めるのに役立ちます。

自閉症の人の多くは、多くの場面にある不文律の社会的ルールを理解するのが非常に困難です。
その結果、話しすぎたり、少なすぎたり、相手に近づきすぎたり、大声で話したり、社会的エラーを起こすことがあります。
ビデオモデルは、学習者がどのように行動を管理すれば、期待される規範に近づけることができるかを伝えることもできます。

⑦ビデオプレビュー

ビデオプレビューは、静的なソーシャルストーリーに似ています。
ビデオプレビューは、自閉症の人が新しい場所や状況で経験することを文字通りプレビューするものです。
博物館や動物園などの多くのコミュニティ組織では、学校のグループが訪問の準備をする際にビデオプレビューを使用しています。

これで、自閉症の人たちを含めた来場者が、到着したときに何が起こるのか、訪問中に何を期待すればよいのか、よくわかります。
これにより不安が軽減され、来場して興味を持って学び、楽しむことができるようになります。

以上のビジュアルシンキングツールは、自閉症の人にとってとても効果的なものです。
そして、利用するのにリスクは全くありません。

(出典:米verywell health)(画像:Pixabay

うちの子の教室にも、視覚的なスケジュールやその他が貼られ、タイマーを使い、絵カードを使って学習しています。

うちではiPadでも練習したことがあるのですが、ホームボタンをただ連打するばかりで、、難しいものです。

自閉症の子は視覚の脳の領域と処理する領域のつながりが弱い

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「ジャングルねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。