発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の少年が山の中で失踪。寒い2日間を生き延び無事救出

time 2021/05/17

この記事は約 2 分で読めます。

自閉症の少年が山の中で失踪。寒い2日間を生き延び無事救出

ウィリアム・キャラハンが山のなかで、凍えながら2日間生き延びてから約1年が経ちました。

そして今日、ウィリアムは自分を助けてくれた救助チームのメンバーに会うことができました。
母親のベニーは、困難な状況下で息子を見つけ出してくれた人たちにずっと感謝をしています。

「救助チームが行ってくれた活動には本当に感謝をしています」

オーストラリアのメルボルンの北、60キロに位置するディスパッチメント山で、昨年の6月、ハイキング中に疾走してしまったウィリアムを500人以上の人たちが捜索しました。

blank blank

警察とボランティアたちは、数日間あきらめませんでした。
当時捜索を行った、ギャリー・ブーバーはこう言います。

「あそこは本当に凍えるような寒さでした。
しかし、誰もウィリアムを見つけることをあきらめませんでした」

ウィリアムは自閉症をかかえていて、言葉を話すこともできません。
そして落ち着くこともありません。
しかし、それがウィリアムの命を救ったと考えています。

blank blank

母親のベニーはこう言います。

「山にいる間、息子は一睡もしていなかったはずです。
ずっと動き回っていたからこそ、生き延びることができたのかもしれません」

ウィリアムは救助されてからしばらく、両親から離れようとはしませんでした。

「息子は私たちにずっとくっついていました。
私たちと一緒にベッドで寝ようと初めてしました」

blank blank blank blank

警察や救急隊は、ウィリアムのケースを研究し、自閉症の人のための捜索・救助方法の検討をしています。

ウィリアムの場合には、バーベキューでたまねぎを炒めたり、大好きな「機関車トーマス」の曲を流したりして、ウィリアムをやぶの中から誘いだしました。
オーストラリアのビクトリア州警察のグレッグ・バラス警部はこう言います。

「ウィリアムの捜索で、現在の捜索方法について検討する必要があることがわかりました。
少しだけ既成概念にとらわれずに考えてみました」

blank

ウィリアムの一家はその後、サポートが厚い学校へ転校するために引っ越しました。

「今はいつも注意深く見守れらています」

(出典・画像:豪9NEWS

無事に救出されて本当によかったです。

うちの子は小さな頃に数回いなくなってしまったことがあります。

本当に恐ろしいことでした。

大きくなってからはありませんが、いつもGPS端末を持たせています。

米国ではいなくなってしまった5歳未満の自閉症の子の6割が死亡

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「たーたんとねっちさん」
ねっちさん1
その他の最新の記事はこちらから
たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

blank

NPO法人Next-Creation様からコメント

blank

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。