発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

不本意な独身男性「インセル」には自閉症の人が多かった。研究

time 2023/11/15

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

不本意な独身男性「インセル」には自閉症の人が多かった。研究
  • 1. 自分の価値を他者にどう見てもらいたいと感じることは、どのような人にも共通することだろうか?
  • 2. 自閉症や他の発達障害をもつ人たちが、パートナーシップや交流に関してどのような困難を抱えている可能性があるだろうか?
  • 3. 研究が示すように、社会での価値観や期待は、個人の心理や行動にどのような影響を与えているのか、具体的な調査結果や事例から理解できるだろうか?

不本意な独身生活を送る男性の複雑な世界が明らかになりました。

『セックス・リサーチ・ジャーナル』に掲載された ”The Mating Psychology of Incels (Involuntary Celibates: Misfortunes, Misconceptions, and Misrepresentations’ published in The Journal of Sex Research.” 研究では、「インセル」として知られる男性コミュニティの人たちが直面している課題についての重要な洞察を提供しています。

「インセル」は、不本意の独身を意味し、主に異性愛者の男性からなるオンラインコミュニティを指します。

これらのコミュニティの中には、女性に対する深刻な不信感やフェミニスト運動に関連する被害感からくる、女性嫌悪、憎悪表現、暴力が見られることがあります。

この研究は、インセルの人たち関する初めての心理学的な調査であり、彼らの苦闘の心理的側面を探求し、独身生活の理由、自己認識された相手に対する自分の価値、女性の好みへの認識に焦点を当てています。

世界中から選ばれた151人のインセルと149人の非インセルを対象に行われたこの研究からの結果によれば、インセルはロマンチックなパートナーにおいて女性が求めるものについて基本的な誤りを犯しています。

彼らは容姿や財政力の重要性を過大評価し、知性、親切さ、ユーモア、忠誠心などの女性が重視する要素の重要性を過小評価していました。

また、主流メディアの認識とは異なり、インセルは非インセルと比較して相手に対する要求は低く、深刻なうつ病、不安、孤独感などさまざまな精神的健康問題に苦しんでいます。

そして、インセルの中には、自閉症スペクトラム障害に関連する特徴を示す人も少なくありませんでした。

自閉症の世界的な有病率は0.62パーセントですが、2022年の研究ではサンプル内のインセルの18.38パーセントが正式に自閉症と診断を受けており、さらに24.6パーセントの人が自閉症スペクトラム障害の症状を示していました。

研究の主著者である英スウォンジ大学の名誉研究員、ウィリアム・コステロはこう言います。

「この研究は、インセルが直面し、社会で代表される問題を理解する上で重要な一歩を踏み出すものです。

インセルは相手に対する自分自身の価値を低く考えています。
しかし興味深いことに、男性が女性嫌悪に最も傾くのは、女性のパートナーに対する自分の魅力に疑問を抱くときです。
また、インセルとしてのアイデンティティとは関係なく、望まない独身は女性蔑視を予測するという証拠が示されています。

インセルコミュニティに広がる女性嫌悪はおそらく、相手に対する自分の価値を低く捉えていることを反映しています。
これは、インセルが相手に対して考えている自分の価値と出会いの可能性を向上させるのを助けることが、女性嫌悪の有害な事例を減少させられる可能性もあるということを意味します」

研究の共著者であるスウォンジ大学の心理学のシニア講師、アンドリュー・トーマス博士はこう言います。

「私たちの調査結果は、インセルが特有の、交際に関連する思考の誤りを持っているようであり、これが彼らの対人関係に影響を与える可能性があることを強調しています。
これらの誤りを認知行動療法に基づいた支援を行うことで、彼らの有害な信念を燃料にする確証バイアスの強化を妨げるのに役立つ可能性があります。
程度は異なりますが、同時に、非インセルの独身男性も同様の誤りに苦しんでいることがわかりました。
したがって、このような支援は広く独身者にも役立つ可能性があります」

(出典:英スウォンジ大学)(画像:Pixabay

まぁ、否定できません。。察しはつきます。

自分が思う「相手に対しての自分の価値」。

しかしそれは、自閉症の方にまったく限らない、そして男女どちらにもある普遍的な事情のように思います。。

自閉症など神経多様な人たち同士の出会いを支援するイベント

(チャーリー)


たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから

最近の人気記事

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。


NPO法人Next-Creation様からコメント

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。