発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症と「インセル」による暴力事件との関係は正しく見るべき

time 2024/07/10

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

自閉症と「インセル」による暴力事件との関係は正しく見るべき

近年、自称「インセル(非自発的独身者)」による暴力事件が注目され、彼らの危険性と世界観についての問題が提起されています。
2022年、カナダの議会委員会では、インセルによる暴力と極端主義の脅威との関連が検討されました。

最近の研究では、インセルを精神的な支援が必要な脆弱な人々として捉える「公衆衛生の枠組み」が採用されています。
確かに、精神健康支援は彼らを助けるために重要です。

しかし、精神健康や神経の多様性を暴力の原因として特徴づけるべきではありません。
このような解釈は、神経の多様性を汚名化し、またインセル自身の暴力行為への責任を軽視することにつながります。

インセルは性的な親密さを経験できないことを不当な抑圧と考える人々で、主に女性に対する権利を拒否されたと感じる男性から成る女性嫌悪のコミュニティです。
彼らはこの信念を女性に対する暴力の推進に繋げています。

カナダでは、最近、インセルに注目が集まる二つの主要な暴力事件が発生しました。

2020年、トロントのマッサージパーラーで17歳の少年が女性を刺殺する事件があり、2023年にカナダ初のインセル関連のテロ行為と認定されました。

2018年のトロント車両突入事件では、アレック・ミナシアンが10人を殺害し、さらに3年以上後に別の人が亡くなりました。
彼は当初、警察に対してインセルに触発されたと語っていましたが、裁判では彼の動機について異なる証言が聞かれました。

裁判で、ミナシアンの弁護士は彼の「自閉症スペクトラム障害」の診断が合理的な判断を妨げ、彼の行動が道徳的に誤っていることを認識できなかったと主張しました。
この自閉症を犯罪責任を回避する議論として使用することは、自閉症支援団体の怒りを買い、最終的に裁判では失敗に終わりました。

インセルへの公衆の関心は、性別に基づく暴力や組織的なイデオロギー暴力との関連から、精神健康に関する広範な議論につながっています。

最近のイギリスの研究では、精神健康、自閉症、イデオロギー、社会ネットワークの役割を探求し、インセル集団の中での危害予測方法が評価されました。

この報告書は、自己申告したインセルの最大規模の調査を示しており、イギリスやアメリカ合衆国に住む18歳以上の561人が含まれています。
調査結果によると、参加者の三分の一以上が中程度のうつ病(39%)と不安(43%)の基準を満たしており、孤独感や怒りの高いレベルを示しています。
さらに、調査したインセルの30%が自閉症の評価への照会が必要とされる臨床基準を満たしていましたが、診断は明確にされていませんでした。

報告書は、自閉症とテロ行為の間に因果関係を描くことに警告していますが、この発見に焦点を当てることは、インセルが自閉症スペクトラム障害の診断を受ける確率が高いという汚名を与える主張に繋がる可能性があります。

一部のニュースメディアは、インセルが一般人口と比べて自閉症である可能性が30倍高いと報じています。

元の報告書はインセル集団についての豊富なデータを提供していますが、その結果は自閉症の人々に対する有害な物語を強化するために誤用されるかもしれません。
これは、診断によって暴力、過激化、または憎悪のイデオロギーに傾倒しやすいという汚名を自閉症の人々に与える可能性があります。

多くの自閉症の人々は、自分たちの自閉症を治療すべき病気ではなく、自分のアイデンティティの積極的な一部と見なしています。
自閉症を暴力につながる精神障害として描くことは、自閉症の人々が犯罪を犯す可能性が高いとする偏見に基づいた物語を強化しますが、実際には彼らは犯罪の被害者になることが一般的です。

精神的な課題に直面している個人に同情を示しながら、暴力行為を行う人々に責任を持たせるバランスをどのように取るべきでしょうか?

インセルコミュニティに属する個人のための精神健康リソースは、暴力を防ぐために重要です。
ある研究は、社会的孤立が否定的な感情を悪化させ、個人が所属感を求めてインセルコミュニティに加わる原因となることを示しています。

イギリスの研究は正しく結論づけており、インセルコミュニティの精神健康に対処する介入には効果的な危害軽減戦略が必要です。
しかし、自閉症や精神健康診断といった個人レベルの要因を超えて、精神健康の問題の原因を評価する必要があります。

インセルコミュニティに加わる人々の精神健康に悪影響を及ぼすシステム的要因も検討する必要があります。
これには、過激化を容易にする技術やインターネットの役割や、脆弱な状況にある人々のための社会支援プログラムの不足が含まれます。

イギリスの報告書は、「インセルには対テロ介入ではなく精神健康支援が必要である」と主張しています。
精神健康支援は重要ですが、包括的な公共安全と対テロの視点に代わり、公衆衛生のアプローチだけを採用することは望ましくないでしょう。

これは、暴力を推進するインセルコミュニティの組織的な性質を無視し、孤立した個人としてインセルを特徴づける可能性があります。
さらに、ジェンダーに基づく暴力が過激主義やテロリズムとして分類される過激なイデオロギーを支える方法についての理解を進める努力を無視しています。

公衆衛生イニシアチブと対テロはトレードオフと見なされるべきではなく、性別に基づくイデオロギーの過激主義の脅威を特定し、過激派化への対処のための精神健康アプローチを進めるために連携すべきです。

インセルによる暴力への対処は、公衆衛生と対テロのアプローチに関するより流動的で協力的な理解を必要とします。
暴力への責任と精神健康支援が必要な人々への同情はバランスよく考慮する必要があります。

(出典:英THE CONVERSATION)(画像:たーとるうぃず)

自閉症により抱える困難を察すれば、まったく関係はないとは言えないでしょう。

しかし、暴力などの原因をすべて自閉症のせいにしてしまうのは大間違いです。

不本意な独身男性「インセル」には自閉症の人が多かった。研究

(チャーリー)


たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから
福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。


NPO法人Next-Creation様からコメント

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。