発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

ADHDの店主がサーフィンを通じ発達障害の子たちを支援する

time 2021/05/29

この記事は約 2 分で読めます。

ADHDの店主がサーフィンを通じ発達障害の子たちを支援する

ノーム・サーフが新しくオープンした店舗は、普通のサーフショップではありません。
サーフィン・セラピーというユニークな手法で子どもたちを支援するという非営利団体のミッションの一環として、発達障害などの子どもたちを受け入れることを目的とした「センサリー・サーフ・ショップ」です。

「お店に入れば、すぐにわかると思います」

そう、ノーム・サーフの創設者であるクリス・アンタオは言います。

s3-3 ADHDの店主がサーフィンを通じ発達障害の子たちを支援する

この新店舗では、アンタオの非営利団体が支援しているような子どもたちを落ち着かせ、興味を持たせるような環境で、サーフィンの道具やアパレルを販売しています。
店内には、自閉症の人に効果的なインタラクティブな照明や、刺激的なアート作品、子どもたちが座ってじっと見つめるのに最適な水槽などが設置されています。

アンタオによれば、この種のサーフショップは世界で初めてとのことです。
サーフセラピーを専門とするこの団体は、アートセラピー、ヨガ、マインドフルネス、ウェルネスプログラム、自然体験などのサービスも提供しています。

サーフセラピーは、単なるサーフィンのレッスンではありません。
子どもたちが課題に取り組むことで自信を持ち、幸せになることを目的としています。

「プロのサーファーになれるようにを教えるのではありません。
心に決めたことは何でも成し遂げられると信じられるようになってほしいと考えています」

このセッションは誰でも参加できますが、主に自閉症、ダウン症、ADHD、うつ病、不安症などの子どもたちを対象にしています。
現在、1200以上の家族にサービスを提供しています。

s2-3 ADHDの店主がサーフィンを通じ発達障害の子たちを支援する s4-1 ADHDの店主がサーフィンを通じ発達障害の子たちを支援する

ノーム・サーフは、オーティズム・スピークスや病院などからの支援も受けています。
最近では、プロゴルファーや企業もスポンサーになりました。

コスタリカにもキャンプを建設中で、アンタオが「パラダイス」と表現した場所でサーフィンをしたり、ハイキングやジップライニングなどの自然体験をすることができるようになります。

ADHDをかかえているアンタオは、サーフィンが自分にとって重要な助けになったといいます。
それを他の人たちと共有したいと考えています。

アンタオはこう言います。

「私は子どもたちに、自分は受け入れられ、愛されていて、私たちも彼らのためにここにいるのだということを知ってもらうために、こうしたことを行っています」

(出典・画像:米The Herald News

サーフィン。

ずっと憧れています。

子どもと楽しめたら、それは本当に最高だと思います。

発達障害の少女はサーフィンで自信をつけ、先生も彼女から学ぶ

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「安心したよ、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。