発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の子の母が始めた「感覚に優しく安全で眠れる部屋」の設置

time 2023/07/24

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

自閉症の子の母が始めた「感覚に優しく安全で眠れる部屋」の設置
  • 1. 自閉症の子どもたちは、どのような環境で過ごすことが安心できるのだろうか?
  • 2. 自閉症の子どもたちが心地よく感じる空間をどのように作れるのか?
  • 3. 自閉症の子どもたちやその家族が、より豊かな生活を送るために必要な支援は何だろうか?

自閉症の子どもたちの日常は、過剰刺激と恐怖を伴うものでいっぱいです。
セーフ・センサリー・ルームのCEO、テヒラ・ヘクトはこう言います。

「私たちは素敵な埋め込み式の照明を設置しました。
赤や青に色も変わります」

それは、インテリアデザイナーの仕事のように見えるかもしれません。
しかし、テヒラは実際には理学療法士です。
テヒラは特別なニーズを持つ子どもたちのための安全なスペースを作り出しています。

このアイデアは、かつて癇癪を起こしていた自分の自閉症の子どもから思いつきました。

「息子を膝に座らせ、落ち着かせようとしましたが、私にぶつかってきて、一瞬気を失うほどでした。
それから、もっと落ち着ける場所があればいいのにとずっと考えていました」

テヒラは、多くの親が同じことを望むだろうと考え、セーフ・センサリー・ルーム財団を立ち上げました。
重度の自閉症の子どもたちの家族に無料で感覚統合ルームを提供することを目的としています。

「まずは安全性を重視し、そして感覚統合の面では、感覚が心地よく、子どもが気に入るように作りたいと思っています」

7歳のジャスティン・アリダの両親は、寝室の床と壁を厚くしたこと、そしてブランコがついたことが大きいと言います。

「息子は言葉を話しません。
そして、非常に活発でとても元気です。
なので、危険な状況に陥れないように、安全を確保するのがいつも大変でした」

セーフ・センサリー・ルームは、子どもだけでなく、家族全体にも変化をもたらしました。

「安心して眠れるようになりました。
その部屋ができた夜、私も最高に眠ることができました」

この財団はすぐに評判になり、多くの家族たちが設置を願って待っている状況です。
待っていたトム・ジェイコブスは最近財団から、知らせを受け取りました。

「本当にうれしいことでした。
見通しがつきました。
これから、安全になると思います。
この機会に心から感謝しています」

こうした感情がテヒラに多くの家族のためにできるだけ多くの部屋を作り出したいと思う原動力になっています。

「子どもと家族の生活を少しでも楽にすることが目標です」

(出典・画像:米wsvn

うちの子も小さな頃はなかなか眠りませんでした。

そのため、私たちも長く眠ることはずっとできませんでした。

起きている時間もぼーっとしていることが、うちの子には多かったように思います。

大きくなってからは、薬を飲むようになり、よく眠るようになりました。

起きているときも、笑顔が増え活発になりました。

おかげで、私たちも今ではよく眠れるようになり、大きく助かっています。

薬を利用することを考えても良いと思います。

「こんなに長く眠ったのは何年ぶり」自閉症の子のカプセルベッド

(チャーリー)


たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

その他の最新の記事はこちらから

最近の人気記事

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。たーとるうぃずがますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。


NPO法人Next-Creation様からコメント

「たーとるうぃず様で販売して頂いてからは全国各地より注文が入るようになりました。障がい者手帳カバーは販売累計1000個を超える人気商品となりました。製品が売れることでご利用者の工賃 UP にもつながっています。ご利用者のみんなもとても喜んでおります」

テキストのコピーはできません。