発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

古いバーを改装、発達障害の人が助かる空間へ。大学の取り組み

time 2021/06/25

この記事は約 2 分で読めます。

古いバーを改装、発達障害の人が助かる空間へ。大学の取り組み

ユニバーシティ・カレッジ・コーク(UCC)は、これまで大切にしていたバーを、学生、とくに発達障害の自閉症スペクトラムの学生のための、休息と落ち着きのある専用スペースに改装したことを発表しました。

この落ち着ける専用スペース「カームゾーン」は、ユニバーサルデザインと自閉症の人に優しい原則を用いて設計されており、現在、権威あるベニス建築ビエンナーレで、自閉症の人に優しいデザインの例として紹介されています。

2016年に30年の歴史に幕を閉じた古いバーは、オンラインオークションで床の一部が買い取られるなど、多くの元学生に懐かしまれました。

このカームゾーンは、多様化する学生のニーズに応えるため、UCCが推進する「インクルージョン」の中心となる施設です。

カームゾーンは自閉症の人たちが使いやすいように細部まで配慮されており、自閉症の人が向けの建築環境のグローバルデザインガイドラインに沿って設計されています。

オープンプランのエリアには、フレキシブルな座席、センサリールーム、レスパイトルーム、ユニバーサルアクセスのトイレとエレベーターが設置されています。
このスペースは、学生の幸福を促進するためのワークショップにも使用される予定です。

このスペースの最終的な構成は、ユニバーサルデザインやアクセシビリティの専門家、学校の生徒、スタッフの協議の結果です。

b2-2 古いバーを改装、発達障害の人が助かる空間へ。大学の取り組み

UCCは、学生の多様なニーズに応えるためにキャンパスを変革しており、最近ではブールコートヤードやホーソンガーデンなどの落ち着いた屋外スペースも設けました。

これらのプロジェクトは、学生組合の支援のもと、大学全体で展開されている「自閉症フレンドリーイニシアチブ」の一環として行われました。

学長のジョン・オハロラン教授は、このスペースの開設を歓迎し、「UCCでは多様性を尊重しており、キャンパスや学習環境を誰もが利用しやすいものにしています」と述べています。

このプロジェクトを主導したUCC学生連合の前会長、ナオイズ・クロウリーはこう言います。

「カームゾーンは、キャンパスの中心にある素晴らしいリソースであり、学生が学習を成功させるために必要なサポートを提供するものです」

(出典・画像:アイルランドCorkBeo

こうした場所があることで、少し安心できて、心も活動範囲も広がります。

とくに学校では必要に思います。

世界中に広がっていってほしいと願います。

特別支援学校に設置された発達障害の子が助かる安心空間遊具

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「もう大きくなったからね、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。