発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

発達障害の11歳のドライバーは将来、F1での優勝を目指す

time 2021/07/16

この記事は約 3 分で読めます。

発達障害の11歳のドライバーは将来、F1での優勝を目指す

発達障害である自閉症をかかえる若いレーシングドライバーが、今回の勝利の経験を全国的な舞台につなげ将来は、F1での活躍を目指しています。

11歳のスタンリー・ドナルドソンは、10歳の頃からレースに参加しています。
今回、英国インドアカート選手権(BIKC)のローカルラウンドで優勝しました。

スタンリーは、ストレットン・サーキットのスプリント・シリーズで優勝し、より大きな賞を目指します。

スタンリーは8歳のときに診断されました。
母親のポーラは、その自閉症が息子の生活、特にサーキットでの生活に役立っていると考えています。

「息子はカートに乗ると、すごく集中しています。
それは自閉症のおかげだと考えています。
息子にとっては、自閉症は価値をもたらしています。

今は、明確な人生の目標をもっています。
レーシングドライバーになろうとしています。
そのためのスキルもあるので、できるだけのチャンスをつくるようにしています」

スタンリーは、友だちの誕生日パーティーでカートを見て、すぐに夢中になりました。

「速く走ることで得られるスピード感やスリルをとても楽しんでいます」

そう、スタンリーは言います。

「良いラップが取れれば、本当に満足です。
今年の終わりか来年の初めには、全国大会に出場したいと思っています。
最終的には、F1ドライバーになって、F1レースで優勝することが目標です。
しかし運転中は、集中して何の感情も持たないようにしています」

c3-1 発達障害の11歳のドライバーは将来、F1での優勝を目指す

そして、スタンリーにとってのヒーローがいます。
1976年のドイツGPでの恐ろしいクラッシュから立ち直り、世界の頂点に立ったオーストリア人F1ドライバーの故ニキ・ラウダです。

「ラウダは、ドイツGPで大事故を起こし、大やけどを負ったにもかかわらず、世界チャンピオンになったんだ。
ラウダが成し遂げたことは、僕には驚きです」

まだスタンリーは小学生ですが、そのポテンシャルの高さから、若い才能を育てるオレンジエイペックスレーシングチームの一員となりました。

c1-1 発達障害の11歳のドライバーは将来、F1での優勝を目指す

父親のポーラも息子の人生にこのスポーツがもたらすメリットを認識し、熱心にサポートしています。

「息子はもともと車に興味があったのですが、何か特別なものを見つけたような感じでした。
以前は人付き合いに苦労していましたが、カートを通じて友だちができ、自信にもつながりました。

スタンリーは障害を持っているのではありません。
異なる能力を持っているだけです。
スタンリーは、集中力、決断力、理解力、そしてコース上で指示を受けて実行するスキルがあります。

お金はかかりますが、できる限りサポートしたいと思っています」

(出典・画像:英Butland&Stanford Mercury

大好きなことを見つけて、それで人生を過ごせるようになったら最高です。

そんな応援をしたいものです。

当事者として支援者として役割を果たす。自閉症のカーレーサー

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「寝てくれ、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。