発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

sponsored link

毎週末の登山で発達障害とうまく向き合う

time 2016/09/29

毎週末の登山で発達障害とうまく向き合う

抑えられない怒りと自傷行為に悩んでいた発達障害の男性は、スノードン山へ毎週登山をすることで落ち着くことができるようになりました。
ジェミー・オーウェンは26歳。発達障害があり、たびたびパニックを起こして、11歳の時に通常学校に行けなくなりました。

その時から、登山を始めました。
そして、発達障害とうまく向き合う気持ちが芽生えたと言います。

「山に行くと、ジェミーの顔つきが変わるんです。」

母親のメラニーが言います。

「どこにいても怒っていて、落ち着きがないのに、山に登ると、目にやすらぎが映るのです。」

ジェミーは、世界中の危険な山を登っています。
標高4778mのアルプスのマッターホルン山や標高3970mのスイスのイーガー山などもです。
週末はいつも、スノードン山に登ってトレーニングをしています。

ジェレミは11歳の時に発達障害と診断をされました。
発達障害のために、他の人とは違ったところがあり、人とのコミュニケーションが困難でした。

「息子はとてもまわりが気になって、話そうとしても、いつもそれはできませんでした。
パニックにも、たびたびなりました。
まわりの世界を捉えることに問題をかかえていました。
右も左も言えません。ひもを結ぶこともできませんでした。」

「医者はこう言っていました。
息子と一緒にスケートをしたり、ローラーコースターをするのは絶対無理でしょう。
まるで、古くなって壊れて安定しなくなったバイクに乗るような話に聞こえました。」

毎週末の登山で発達障害とうまく向き合う m1-1-1024x768

ジェミーは5年前から、ボルダリングのクラブで登ることを始めました。
このエクストリームなスポーツを何とかできるようなると、トレーナーのマーク・マグワンの目を惹きました。

「わたしが最初にジェミーと知り合ったのは、クラブですれ違った時に、彼が自分の手をいっぱいに開いて、とても痛そうにしていたのを見たときです。
いくつかのアドバイスをして、一緒に歩きました。
彼のことは全くわかっていませんでした。」

ジェミーは電子メールでマークに少しづつ教えてもらいました。

「私たちはイギリスで行われた、ペア登山大会に出場しました。発達障害者のカテゴリーで、イギリスのチャンピオンになりました。」とマークが言います。

「数年を経て、よい友だちになりました。私は、イーガー山やマッターホルン山への登山のアシストも行いました。」

二人は、山に登る発達障害者と呼ぶコミュニティを作りました。他の発達障害の人の登山を支援します。

「その登山コミュニティをジェミーはとても喜んでいます。それは、ジェミーが登山を楽しんでいるからだと思います。
登山は薬だと息子は言っています。どこよりも、山に登ると息子は心地よく、気が休まるのです。」
母親はそう言っています。

毎週末の登山で発達障害とうまく向き合う m2-1-1024x768

(出典・画像:英WalesOnline

もちろんこれほどまでの険しい山ではありませんが、とても低いのに面白そうな山をネット情報で知り、子どもを連れて家族みんなで一緒に登ったことがあります。

しかし低い山にも関わらず、鎖をつたって登る危険な岩場などがあり、そこで怖がって子どもが動かなくなってしまいました。疲れもあったはずです。大泣きもしています。

戻ることもできず、進むしかないので、怒鳴ったりする始末でした。

なんとか進んで帰ることができましたが、

「来たくもないところに連れてこられて、泣くほど怖い思いをした上に、怒鳴られる。」

子どもには本当に申し訳ないことをしたと深く反省をしました。

低い山でも、本当に注意しなければなりません。

残念ながらその時以来、山に行っていませんが、よい季節になったら、高尾山に子どもと行きたいなと思っています。

 

こちらの方は森へ20年間通っています。

森へ行って一緒に妖精を探すようになって20年。

(チャーリー)

人気の記事

sponsored link

福祉作業所ご紹介



follow us in feedly

たーとるうぃず

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。

気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。
良い製品だと思って頂けたら、TwitterやFacebookでシェアを頂けると幸いです。福祉作業所様や作られた方への応援になります。

たーとるうぃず スマホアプリ

ご購入にあたっての注意

販売している商品の多くは、福祉作業所で障害のある方が手作りされた一品ものになります。
次につきまして、あらかじめご了承のうえご購入ください。

●カラーにつきましては、スマホ、パソコンのモニター環境により、異なって見える場合がございます。
●サイズや寸法には若干の誤差がある場合もございます。
●アクセサリについてはビーズ等の使用材料によっては、ご利用していると汗やほこりなどで劣化する場合がございます。
・切れやすくなる  ・色あせ  ・(ビーズの種類によっては)衣類等への色うつり
 保管方法によっては形が変化してしまうことがあるため、平らな場所に置く、吊り下げるなどの保管をおすすめいたします。
●一品ものにつきましては交換対応を行うことができません。