発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

Googleと米スタンフォード大が協力。神経多様性取り組み

time 2021/08/06

この記事は約 5 分で読めます。

Googleと米スタンフォード大が協力。神経多様性取り組み

一流のテクノロジー企業と一流の高等教育機関が協力して、社会的に不当に疎外されている人々の状況を改善することは、祝福すべきことだと思います。
とくに、テクノロジー分野でのキャリアを志す神経多様性のある人(例えば自閉症)であればなおさらです。

クラウド業界は急速に成長しており、Goggle社はGoogleクラウドサービスで重要な役割を担っています。
彼らの功績は、自閉症の人々がもたらす才能を考慮した包括的な方法を選択したことです。
そして、この挑戦を単独で行わないことを賢明に決定したことです。

Googleは先日、「Googleクラウド・オーティズム・キャリアプログラム」の開始を発表しました。
このプログラムの目的は、単に雇用するだけではなく、Googleの従業員の中でより多くの自閉症の人をサポートすることです。

そのために、Googleは米スタンフォード大学のニューロダイバーシティプロジェクトの専門家と協力します。
スタンフォード大学は、神経多様性を持つ個人が職場で活躍する機会や成功基準について雇用主に助言しています。
スタンフォード大学は、応募者をコーチングし、Googleクラウドチームに参加した後は、応募者だけでなく、同僚や上司もサポートします。

g4 Googleと米スタンフォード大が協力。神経多様性取り組み

スタンフォード・ニューロダイバシティ・プロジェクトは、神経多様性を持つ人々の能力を尊重し、彼らのアイデンティティと日常生活のスキルを向上させる文化の確立を目指しています。
最終的な目標は、ニューロダイバシティの目標ともなりますが、神経多様性・ニューロダイバーシティをもつ人たちの強みを明らかにし、その強みを活用して社会の革新性と生産性を高めることです。

グーグルとスタンフォードのパートナーシップは、グーグルのクラウドサービスを含め、世界中の誰もが使うことを目的とした製品は、できるだけ多様な人々によって設計・構築されるのがベストであることを考えると、とても理にかなっています。
Googleクラウドチームは、神経多様性のある人と神経正常性のある人が一緒に働くことで最適化されます。
理想的には、他の点(人種、民族、国籍、性同一性など)においても多様性を反映したチームになることです。

ロブ・エンズリンは、Googleクラウドのグローバルカスタマーオペレーション担当プレジデントです。
エンズリンは、Google クラウド・オーティズム・キャリアプログラムの正式な発表の中で、

「自閉症の候補者と効果的かつ共感的に仕事をし、Googleのオンボーディングプロセスがアクセス可能で公平であることを確実にするために、500人ものGoogleクラウド管理者や採用プロセスに関わる人たちを訓練し、能力を高めます」

そう、Googleの狙いを語っています。

g1 Googleと米スタンフォード大が協力。神経多様性取り組み

さらに、自閉症キャリアプログラムは、自閉症の候補者が最も頻繁に直面する障壁を取り除くことも目的としています。
例えば、候補者が自分の強みをアピールできるような環境が整っていないために、従来の就職面接では多くの自閉症の人にとって障害になっていることがそうした障壁になっています。

それに対して、面接官が質問に答えるための時間を増やしたり、質問に書面で答えることを許可することがその解決策となります。
これは、不当なアドバンテージをもたらすものではありません。
むしろ、不当な不利益が解消されています。

自閉症の私が言うのですから、それは間違いありません。

私が高校時代に受験した際には、途中で時間切れになってしまい、スコアが大幅に下がってしまいました。
多くの問題が解けませんでした。
今にして思えば、時間制限なしで受験できるという申し出を断り、クラスメートと同じ条件で評価されることを選んだのは愚かなことでした。
私は必要な配慮を拒否し、その代償として高額な試験を受けることになったのです。

逆に、大学での音楽史の試験では先生は親切心から私が試験を終えるまで教室に残ってくれました。
その結果、私は試験問題に出題されたテーマについて、自分の知識の真価を証明することができました。
その先生の柔軟性と理解は、私にとって大きな意味を持っていました。
私は、誤解され疎外されていると感じることが多かった人生の中で、理解され評価されていると感じることができました。

これは、「平等」が必ずしも「公平」を意味しないことを示しています。
後者は、本質的に神経タイプの世界で生き抜こうとしている神経障害者にとって非常に重要です。

この場合の「平等」とは、音楽史の先生が提供してくれた便宜や、Google Cloudの自閉症キャリアプログラムが提供してくれた便宜のことで、自閉症の人が他の方法では成功しない可能性が高い場合でも、成功できるようになります。

g3 Googleと米スタンフォード大が協力。神経多様性取り組み

神経多様性のある人たちは、労働力として貢献できることがたくさんあります。
しかし、必要な配慮がなされていないことが主な原因で、不完全雇用や失業の状態にある人があまりにも多いのです。

私たちの経験は斬新でユニークなものです。
私たちの能力は本質的なものであり、企業にとって大きな価値があります。
私は情報技術ソリューションのコンサルタントとして成功していますが、これは私の仕事に対する倫理観、細部へのこだわり、そして25年以上続いている会社への忠誠心などがその理由です。

さらに、パートタイムで別のテクノロジー企業のコンサルタントをしています。
そこでは、自閉症でない人たちと密接に仕事をしています。
彼らは私の視点を評価し、私の意見に耳を傾け、私のフィードバックを製品の設計に取り入れてくれます。

Google クラウド・オーティズム・キャリアプログラム、スタンフォード大学のニューロダイバーシティプロジェクト、そして同じミッションを持つその他の組織が、私の現在の状況を、多くの価値ある神経多様性のある人たちにも提供しようと手助けをしているのです。とても感謝しています。

(出典:米Changing America)(画像:Pixabay

先端を行く大きな存在が協力し進めることに、とても期待します。

こうして、さらに先端を行くのでしょう。

そして社会も進展します。

自閉症の人のコミュニケーション困難は自閉症でない人にも原因

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「消えたねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。