発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

自閉症の成人は診断を受けたことで力を得るが支援が必要。研究

time 2021/09/16

この記事は約 2 分で読めます。

自閉症の成人は診断を受けたことで力を得るが支援が必要。研究

英エッジヒル大学の心理学者による新しい研究は、自閉症と診断された大人が経験する生活の質や精神的な問題にスポットライトを当てています。

リアム・クロス博士とグレイ・エイサートン博士らは、自閉症の成人が診断された年齢とその生活への影響の関連性を探る新しい研究を行いました。

現在、自閉症と診断された少なくない人たちが、人生の後半になってから診断されています。
この人たちはしばしば「失われた世代」と呼ばれています。

今回、”Journal of Autism and Developmental Disorders”に掲載された最新の研究では、自閉症と診断された成人の精神的健康に、年代、診断年齢、性別がどのように影響するかを調査しました。

s1-3 自閉症の成人は診断を受けたことで力を得るが支援が必要。研究

その結果、自閉症の成人は、生活の質が低く、自閉症の特性レベルが高いことが明らかになりました。

これは、診断年齢と関連しており、成人は新しい診断を受けたことで力を得ているものの、専門的なサポートを必要としていることを示しています。
クロス博士は次のように述べています。

「本研究のインタビューで明らかになったように、大人になってから自閉症の診断を受けることは非常に感情的な出来事になります。

そのとき、自分が何者であるか、他人に自分をどのように説明しているか、自分の物語をどのように書き換えているかを再確認する必要性を感じることが多いのです。

今回の調査では、ほとんどの人が、支援の重要性と支援を受けることの難しさを訴えていました。

自閉症の診断を受けるのが遅かった大人は、長年のトラウマの結果、理由もわからずに誤解されていると感じていることを認識する必要があるのかもしれません」

s3-3 自閉症の成人は診断を受けたことで力を得るが支援が必要。研究

エイサートン博士はこう言います。

「多くの場合、正式な診断を受けることで、その人の人生のすべてがようやく『意味を成す』ようになります。

診断を受けることで、大人は自分が誤解されていた歴史の一部を取り戻すチャンスを得ることができます。

年齢を重ねても同じように生活の質を向上させるためには、このような特定の自閉症の人へのサポートを作ることが重要です」

今回の研究は、自閉症の成人が診断を受けた後のサポートを改善することを目的とした、今後の研究のきっかけとなることが期待されます。
また、タイムリーな診断を受けることの重要性、それがとくにアイデンティティと自己受容に関連していることを強調しています。

(出典:米Medical Xpress)(画像:Pixabay

何歳になっても、求める人には診断を受け適切な支援がなされるよう、願います。

74歳になって自閉症と診断。子どもの頃は知られていなかった

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「フードが大好き、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。