発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

世界に向けて発信できる機会を得た自閉症の作家が売上に貢献

time 2021/10/04

この記事は約 2 分で読めます。

世界に向けて発信できる機会を得た自閉症の作家が売上に貢献

ハンター・ノールは、芸術作品を作る才能を持って育ちましたが、その才能を世界に向けて発信する機会がありませんでした。

そのため、自閉症を抱えるハンターは、自分の価値を見出すことに苦労していました。

ハンターの母親のゲイルはこう言います。

「それは息子の核です。
そして、息子のコミュニケーションの方法にもなっています」

r9 世界に向けて発信できる機会を得た自閉症の作家が売上に貢献 r8 世界に向けて発信できる機会を得た自閉症の作家が売上に貢献 r2 世界に向けて発信できる機会を得た自閉症の作家が売上に貢献

20代になったハンターは、自分の芸術性を表現する場所を見つけました。
ホイットマン・デザインズ社のオーナーであるデビッド・アルジャーが、ハンターの才能を知り、インターンシップを申し出ました。

「彼は素晴らしい若者です。
彼には、私には見えないもの、普通の人には見えないものが見えるのです」

そうデビッドは言います。

r10 世界に向けて発信できる機会を得た自閉症の作家が売上に貢献 r7 世界に向けて発信できる機会を得た自閉症の作家が売上に貢献 r3 世界に向けて発信できる機会を得た自閉症の作家が売上に貢献 r5 世界に向けて発信できる機会を得た自閉症の作家が売上に貢献
古いベスパのスクーターで作ったロボットなどのハンターのデザインは、この1年間で1万ドル(約110万円)以上の売り上げを会社にもたらしました。

「彼は毎日、ここに活気を与えてくれています」

ハンターは自分の情熱を追求する場所を見つけただけでなく、
その過程で生涯の師となる友人を得ることもできました。

r6_ 世界に向けて発信できる機会を得た自閉症の作家が売上に貢献 r4 世界に向けて発信できる機会を得た自閉症の作家が売上に貢献

「デビッドはまるで父親のような存在です。
デビッドは私がすべきことをするためのあらゆる理由を与えてくれます」

(出典・画像:米nbc2

すごく面白い、かっこいい作品です。

素晴らしい方と出会い、素晴らしい機会を得て、ますます素晴らしい作品を作られていくのでしょう。

発達障害の少年の車への愛は写真販売だけでなく警察にも貢献

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「早く出てよ、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。