発達障害のニュースと障害者のハンドメイド

動物たちと提供してくれる発達障害の子どもたちへの特別な時間

time 2021/11/01

この記事は約 2 分で読めます。

動物たちと提供してくれる発達障害の子どもたちへの特別な時間

非営利団体が保護する動物たちが、地元の発達障害の子どもたちのために特別な時間を提供しています。

非営利団体” the Humane Society of Huron Valley”は、開催してきたイベント「ストーリータイム」を発達障害の子どもたちがより快適に楽しめるようにしました。

マネージャーであるジェシー・ヒットはこう述べています。

「私たちは数年前から『リトル・ポウズ・ストーリータイム』を開催しています。

しかし、長い話をじっと聞いているのが苦手な子や、明るい光や人混みに圧倒されてしまう子もいます。
そこで、
発達障害の子どもたちとその家族を歓迎するために、『センサリー・ストーリー・タイム』を始めました」

d1-1 動物たちと提供してくれる発達障害の子どもたちへの特別な時間

この新しいストーリーベースのイベントは、対象年齢は2歳から5歳ですが、年齢は問いません。
参加者は、物語、フィンガープレイ、動物とのふれあいを楽しむことができます。

このセンサリーイベントでは、照明を落としたり、動き回る必要のある小さな子どものためにスペースを広く取ったり、複数の感覚を使った遊びを行うなどの工夫がなされています。

「お子さんが 馴染めないことを躊躇して、
ストーリータイムへの参加を断念する必要はありません。
ここには動物を愛するすべての人のための空間があり、無条件に愛する動物たちも心から同意してくれます」

(出典・画像:All about AnnArbor

家族も気兼ねすることなく、動物と触れ合える機会。

そうした子だからこそ、こうした機会は本当に貴重です。

すばらしい、ありがたい取り組みですね。

動物は発達障害の私を決して笑わず、いじめず、喜んでくれた

(チャーリー)

たーとるうぃずを「いいね!」をする。フォローする。

「雨の日でもうれしいのよ、ねっちさん」
school_tokubetsushien_casual
その他の最新の記事はこちらから
blank

たーとるうぃず アプリ
blank

blank

blank

福祉作業所で障害のある方々がひとつひとつ、心をこめて作り上げた良質なハンドメイド・手作りの品物をご紹介します。発達障害の関連ニュースや発達障害の子どもの4コマ漫画も。
気に入ったものはそのままamazonで簡単にご購入頂けます。

blank

商品を作られた障害のある方がたーとるうぃずやAmazonに商品が掲載されたことで喜ばれている、売れたことを聞いて涙を流されていたと施設の方からご連絡を頂きました。

blank

ご購入された方からは本当に気に入っているとご連絡を頂きました。ニュースや4コマ漫画を見て元気が出たとご連絡を頂きました。ますます多くの方に喜ばれるしくみになることを願っています。

テキストのコピーはできません。